Amazon出品サービスの小口出品者は配送料が自由に決められない

Amazon出品サービスの小口出品者は配送料が自由に決められない

Amazon出品サービスの小口出品にアカウント登録したら、次のステップとして、配送料金の設定を行うと思います。

しかし、Amazon出品サービスの小口出品者は配送料は自由に決められません。

そもそもAmazon出品サービスの小口出品は、管理画面で配送設定のボタン自体が操作できないのです。

本日はAmazon出品サービス(小口出品)の配送料について、書いていきたいと思います。

小口出品者の配送料が決められている

Amazonが指定する国内配送料

『Amazon』の小口出品の場合は、すべての商品にAmazonが指定する配送料が決められています。

日本国内の発送の場合、購入者に請求する配送料は以下のとおりです。出品者は、配送料として同額の金額を受け取ります。

カテゴリー 通常配送(円)
262
CD、レコード 356
ビデオ 398
DVD 356
TVゲーム 356
PCソフト&コンピューターゲーム 356
ドラッグストア 524
ベビー&マタニティ 524
その他のカテゴリー 472円+53円(1kgあたり)

実際にかかる配送料に関わらず

商品カテゴリーや購入者が選択した配送方法に基づいて配送料が固定されているため、設定より実際にかかる配送料が少ない場合でも、変更することができません。

例えば、実際にはクリックポストで全国一律188円で配送しても、その他のカテゴリー(アクセサリーなど)の場合「472円+53円(1kgあたり)」の配送料が商品代に上乗せされます。

その他のカテゴリーの場合
商品+送料525円が出品価格になります。

多店舗出品で価格を合わせている場合

上乗せするか収益を減らすか

多店舗出品(楽天市場、BUYMAやYahooショッピング等)で出品価格を合わせている方も多いと思いますが、出品価格に配送料を上乗せするか、収益を減らして出品価格を合わせるかしかありません。

配送料を上乗せしても売れるのか?

出品価格を多店舗で合わせている場合、配送料を上乗せしても売れるのでしょうか?

そもそも他店で同じ商品が、5,000円で販売しているのに、Amazonで5,525円と高くても購入する人がいるのでしょうか?

そのあたりが疑問です。

まだAmazon出品サービスでは、出品していないため、売れるのかどうかはわかりません。

今後配送料を上乗せしても売れるのか?販売状況を書いていきたいと思います。