WordPressで制作したサイトやブログにカート機能を設置する方法

WordPressで制作したサイトやブログにカート機能を設置する方法

企業のホームページやブログとして使われることの多いWordPressですが、人気の秘密はブログ感覚で簡単に更新ができ、集客に強いことです。

この集客に強いWordPressを使って商品に関する記事をアピールし、そのままネットショップの商品購入に繋げたいといった相談を受ける機会が多くなりました。

なぜなら、WordPressは最も集客(SEO)に有利なプラットフォームだからです。

そこで本日は、それを可能にする方法の一つ、WordPressで制作した「サイト」や「ブログ」にカート機能を設置する方法をご説明したいと思います。

説明が不要な方は、「カート設置機能を利用できるショッピングカート一覧」まで読み飛ばしてくださいね!

WordPressにカート機能を設置する2つの方法

まず、ネットショップ運営者がWordPressを効果的に使う方法として、主に下記2つの方法があります。

  1. ショッピングカートASPのカート機能を設置する
  2. WordPressのプラグインを使ってECサイト機能を実装する

ショッピングカートASPのカート機能を設置

「ショッピングカートASPのカート機能を設置する方法」は、簡単でセキュリティーも安心な方法です。

ネットショップは、銀行口座やクレジットカード番号などの支払情報を扱わなければならないため、セキュリティ面の注意が特に必要になります。

ショッピングカートASPの場合は、月額費用がかかりますが、新たな脆弱性が見つかった場合のアップデート作業は専門知識をもったASP事業者側が実施してくれるので安心です。

WordPressのプラグインを使ってECサイト機能を実装

コストはかからない「WordPressのプラグインを使ってECサイト機能を実装する方法」ですが、こちらはセキュリティー面でかなりリスクがあります。

WordPressのプラグインを使ってECサイト機能を実装する場合、セキュリティ対策も自社または自分で行う必要があります。

そのため、私はWordPressのプラグインを使ってECサイト機能を実装する方法は個人も企業もおすすめしません。

セキュリティの観点からショッピングカートASPのカート機能を設置する方法をお勧めしています。

WordPressにどうやってカート機能を設置するの?

ショッピングカートASPのカート機能を設置する場合

カート設置機能を利用できる「ショッピングカートASP」に契約すれば、簡単にカート機能をWordPressに設置することができます。

ショッピングカート管理画面から取得したコードをコピーして、WordPressの記事に貼り付けるだけです。

「カートに入れる」ボタンを貼り付ければ、そのまま商品購入へ誘導することができるのです。

全てのASPにカート設置機能がある訳ではない

ショッピングカートASPは、有料・無料など多くの会社から提供されています。

しかし、全てのショッピングカートASPがカート設置機能が利用できる訳ではありません。

どちらかと言えば、カート設置機能が利用できないショッピングカートASPのほうが、多いように思います。

それでは、WordPressにカート設置機能を利用できる「ショッピングカート」を個別にご紹介しますね。

カート機能が設置可能なショッピングカート5選

カラーミーショップ

カラーミーショップ

カラーミーショップに契約すれば、全てのプランでカート設置機能が利用可能です。安価でカート機能を探している方におすすめ!
ショッピングカート 初期費用
(税込)
月額費用
(税込)
決済手数料数 カート機能
カラーミーショップ
フリープラン
無料 無料 ※1 GMOイプシロン参考
全決済 6.6% + 30円(税抜)
カラーミーショップ
エコノミープラン
3,300円 917円~ ※1 GMOイプシロン参考
月額最低手数料必要
カラーミーショップ
レギュラープラン
3,300円 3,300円 ※1 GMOイプシロン参考
月額最低手数料必要
カラーミーショップ
ラージプラン
3,300円 7,945円 ※1 GMOイプシロン参考
月額最低手数料必要
カラーミーショップ
プラチナプラン
3,300円 11,000円 ※1 GMOイプシロン参考
月額最低手数料必要

※1 別途決済代行会社との契約が必要

下位プランから使えるカート機能

カラーミーショップは、無料・有料プランがある下位プランでもひと通りの機能が揃った優秀なショッピングカートです。

フリープラン登場
ついにカラーミーショップにも初期費用、月額費用が無料のフリープランが登場しました!今まで有料プランとしてコストパフォーマンスが高く人気のカラーミーショップが一段とパワーアップ!

WordPressで作成したサイトやブログに貼付け可能

「どこでもカラーミー」は、お持ちのホームページやブログ上に、購入ボタンを自由に設置できる基本機能です。

ホームページにも、WordPress(ワードプレス) で作成したサイトやブログ、他社のブログサービスにも「カートに入れる」ボタンを貼り付けることが可能。
※JSコードの動作を許可していない一部のサービスでは使えません。

ショッピングカートにプラス「カート機能」付属

カラーミーショップは、カート機能のみの契約はなく、通常のショッピングカート契約にプラス「購入ボタンを自由に設置できる機能」が付いているタイプです。

カラーミーショップに契約すれば、全てのプランでカート設置機能「どこでもカラーミー」が利用可能です。

「どこでもカラーミー」は、外部サイトからショップページへの誘導となっていますので、必ずカラーミーショップでのショップページの作成が必要となります。

下記で、どこでもカラーミーを設置した記事を紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
参考 カラーミーショップのカート機能をWordPressに設置してみたネットビジネスBOX

カラーミーショップの特徴・評判・メリット・デメリットを解説カラーミーショップの特徴・評判・メリット・デメリットを解説

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー )

STORES.jpは、たったの3ステップで、あらゆるページにストアボタンを設置することができます。
売るものが少ししかない方、有料プランでSTORES.jpの保管・梱包・発送業務の代行サービスを利用したい方は、STORES.jpをおすすめしています。
ショッピングカート 初期費用 月額料金
(12ヶ月)
容量/
商品登録数
カート機能
STORES.jp
フリープラン
無料 無料
無制限
STORES.jp
スタンダードプラン
無料 1,980円(税別) ※初月無料
無制限

初期費用も月額費用も無料のショッピングカート

STORES.jpは、70万人に選ばれる無料でネットショップをつくることができるサービス。

最短2分で、だれもがデザイン・カスタマイズし自由にネットショップをつくることができます。 専門的な知識は不要です。

購入ボタンをWordPressやブログに設置

ストアボタン

STORES.jpは、ストアアイテムの購入ボタンを簡単にWordPressやブログなどの外部サイトに設置ことができます。

たったの3ステップで、どこへでもストアボタンを設置することができます。

保管・梱包・発送業務の代行

STORES.jpの一番の魅力は、保管・梱包・発送業務の代行サービスがあるところです。

商品を指定された倉庫に送るだけで、売れたら発送指示をSTORES.jpのダッシュボードから操作するだけです。

初期費用・月額固定費は一切かかりません。入庫料、保管料、配送料は商品サイズによって違う料金設定です。

物流サービスを使った分だけ支払う形なので、利益がマイナスになることがない安心価格です。期間限定や短期集中などでも利用可能です。

STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)の特徴・評判・メリット・デメリットSTORES(ストアーズ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

イージーマイショップ(easy myShop)

イージーマイショップ

全てのプランでカート設置機能が利用可能(無料版はHTML版のみ)。HTML版のみでカート機能を使う方は、無料で作れるショッピングカートイージーマイショップがおすすめです
ショッピングカート 初期費用 月額料金
(12ヶ月)
容量/
商品登録数
カート機能
イージーマイショップ
無料版
無料 無料 0.1GB
無料版はHTML版のみ
※ JavaScript版
(JSカート)は別オプション
イージーマイショップ
スタンダード
2,980円 2,730円 ※1 1GB
イージーマイショップ
プロフェッショナル
2,980円 4,830円 ※1 3GB
イージーマイショップ
カートプラン
2,980円 1,980円 ※1 0.5GB

※1 年間契約で1ヶ月分無料

セット販売やオーダーメイド商品に強い

イージーマイショップは、セット販売やオーダーメイド商品に強いショッピングカートです。

「カートへ入れる」ボタン を設置可能

既にホームページ等をお持ちの場合、それを活用しながらネットショップへ拡張することもできます。

例えば、既存の商品ページへ 「カートへ入れる」ボタン を設置することも簡単にできます。 (webデザイン会社さんなどに、特に人気の機能です。配送先住所などの入力画面もHTMLやcssを使用してカスタマイズが可能です。)

無料版もあるショッピングカート

イージーマイショップは、初期費用も月額費用もクレジット決済、コンビニ決済サービスの導入費、月額固定費が全て無料の無料版ショッピングカートもあります。

しかし無料版の既存サイトへのショッピングカート貼り付け機能は、HTML版のみです。※ JavaScript版(JSカート)は別オプション

HTML版のみを使う場合は、カート貼り付け機能が無料で使えます。

イージーマイショップ(easy my shop)の特徴・評判・メリット・デメリットイージーマイショップ(easymyshop)の特徴・評判・メリット・デメリット

MakeShop(メイクショップ)

MakeShop(メイクショップ)

プレミアムショッププランでカート設置機能が利用可能です。本格的に利益を上げたい方、知識はないけど自分で本格的なオリジナルショップを目指す方は、サポートが充実しているMakeShopがおすすめです。
ショッピングカート 初期費用 月額料金
(12ヶ月)
容量/
商品登録数
カート機能
MakeShop
プレミアムショッププラン
10,800円 9,720円 ※1 (a)12GB
(b)10GB
※2
10,000点

カゴだけMakeShop

充実サポートのプレミアムプラン

カート設置機能が利用できる対象プランは「プレミアムショッププラン」。

プレミアムショッププランは、充実サポートが付いたおすすめのプランです。

専任担当のアドバイザーがつき、ネットショップの開店にまつわる不安や疑問点の解消から機能面でのサポートをしてくれます。

htmlやCSSの知識はないけど、オリジナルなショップ作成を求める方は、サポート体制が非常に充実しているメイクショップをおすすめしています。

外部サイトに買い物カゴボタンを設置

MakeShopで構築したショップ以外のサイトからでも商品をカートに入れることができる【カゴだけMakeShop】。

商品のプロモーションページやブログ記事での商品紹介など、ショップ以外でもっと効果的な集客をしたい!
自社の商品をホームページやブログなどショップ以外のサイトで紹介したい!そんなとき、外部のページやサイトからでもショップの商品ページへ移動せずに商品購入ができます!

簡単なHTML記述で、外部ページから直接買い物カゴに商品を入れることができるようになります。

MakeShopでショップを持っており、登録済み商品がある。
・初歩的なHTML知識を有する。
・カゴだけMakeShopを設置可能なページ(※)がある。

メイクショップ(MakeShop)の特徴・評判・メリット・デメリットメイクショップ(MakeShop)の特徴・評判・メリット・デメリット

SHOP-Maker

SHOP-Maker

今あるホームページにカートを設置したい方に、設置するだけで簡単導入できるSHOP-Makerがおすすめです。

カート機能のみをレンタルしているショッピングカートシステムです。

カートタイプ ショッピングカート 初期費用 月額料金
(12ヶ月)
容量/
商品登録数
Basic SHOP-Maker
スタンダードサーバープラン
10,800円 3,240円 商品登録個数
6,000個まで
売上データ件数
10,000件まで
Professional

※モバイル対応
SHOP-Maker
スタンダードサーバープラン
10,800円 5,400円 商品登録個数
6,000個まで
売上データ件数
10,000件まで
SHOP-Maker
アドバンスサーバープラン
10,800円 8,208円 商品登録個数
12,000個まで
売上データ件数
20,000件まで
SHOP-Maker
専用サーバープラン
10,800円 20,520円 無制限

カート機能のみのショッピングカート

SHOP-Makerは、カート機能のみをレンタルしているショッピングカートシステムです。

今既に持っているサイトにカート機能をつけたい方は、「買い物かごに入れる」ボタンをWEBサイトに設置するだけで、簡単に導入できます。

WEBサイトがレジ機能を持ったカート画面にリンクするようになります。

実績のある老舗カート

SHOP-Makerは、当時高価なシステムが導入できなかった小規模事業者を支援するため、低価格のカートサービスとして開発されました。

以来現在まで、時代の流れを反映した改良を行い、進化し続けています。長期に渡り、ユーザー様の熱い支持を受け続けている安心と信頼のショッピングカートです。

SHOP-Maker(ショップメーカー)の特徴・評判・メリット・デメリットSHOP-Maker(ショップメーカー)の特徴・評判・メリット・デメリット

WordPressを使ったコンテンツマーケティングとは

最近では、コンテンツマーケティングをしたいというショップが増えてきています。

コンテンツマーケティングとは
コンテンツマーケティングとは、商品や商品に関するコンテンツ(記事)をネットにどんどん配信し、検索エンジン経由での集客効果を高め、お客様の商品知識、購買欲求、売上向上へとつなげる方法です。

ショッピングカートに商品をただ一覧で見せるだけではなく、商品に関するコンテンツをどんどんネットに配信し、その商品に関するコンテンツページからそのまま商品を購入をしてもらう手法です。

ショッピングカートに商品を一覧で見せるだけではなかなか売れません。

この商品に関するコンテンツをSEOに強いとされるWordPressで作って、そのまま商品の購入に繋げたいと考えるショップ運営者が多いようです。

WordPressテーマはどうやって作るの?

もちろん自作することも可能ですが、知識も必要で時間もかかるので、WordPressテーマを使うことがおすすめです。

私も自作することはできますが、最近ではWordPressテーマが安価で購入できるため、テーマを購入しています。

ECサイト向けWordPressテーマ「PRECIOUS」

使用例の一つとして、このようなECサイト向けWordPressテーマを使えば簡単におしゃれなサイトを作ることができます。

WordPressテーマ「PRECIOUS」は、自社商品の紹介にも重点を置いていて、ECサイトのように商品をアピールすることができるECサイト向けWordPressテーマです。


上部に大きく自社商品をスライドショーで見せて、カテゴリー別でサムネイルで見せ、ブログも一緒に掲載することができるテンプレートです。

このようなデザインであれば、カート機能のみレンタルして、ショッピングカート自体は不要かもしれないです。