ショッピングカート比較!多店舗運営・一元管理に特化するならココ

ショッピングカート比較!多店舗運営・一元管理する際におすすめ

一つの店舗で出店している場合は当然一つの店舗からしか収益がありませんが、多店舗展開している場合、それぞれから注文があり、それぞれから収入が入ります。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールに出店するのはもちろんですが、ネットショップ開業サービス(ショッピングカート)にも様々なメリットがあるため、多店舗運営をすることはおすすめです。

将来的に多店舗運営をする可能性がある場合は、事前に多店舗連携サービス(一元管理システム)に対応したショッピングカートを選ぶ必要があります。

そこで本日は、ネットショップ一元管理システムに対応しているのか、ショッピングカートASPごとに比較していきたいと思います。

一元管理システムと相性のいいショッピングカート

通常楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどのモールと独自ネットショップなど多店舗運営する場合、注文情報や在庫情報を各店舗ごとに管理する必要があります。

そんなネットショップ運営を効率化するために、受注・在庫・商品ページの管理を一つの画面で管理できる連携サービスがあります。

ほとんどのショッピングカートで非対応

最初から一元管理システムを契約する予定の方、また将来的に使うかもしれない方は、事前に対応しているショッピングカートを選ぶ必要があります。

なぜなら、多店舗連携サービス(一元管理システム)は、どのショッピングカートでも対応している訳ではないからです。

下記で一覧表にまとめましたが、ほとんどのショッピングカートで連携対応していないといってもいいくらいです。

対応ショッピングカート一覧

おすすめしたい4つのネットショップ一元管理システムで比較してみました。
ショッピングカート テンポスター ごくーシステム ネクストエンジン 助ネコ
BASE (ベイス) × × ×
STORES × × × ×
イージーマイショップ × × × ×
FC2ショッピングカート × × × ×
らくうるカート × × × ×
おちゃのこネット × ×
Shopify × × ×
カラーミーショップ
MakeShop
ショップサーブ
SHOP-Maker × × × ×
リピスト × × × ×
リピートPLUS ONE × × × ×
カラーミーリピート × × × ×
ペイカートプラス × × × ×
  • 〇:受注・在庫・商品管理に対応
  • △:商品管理など一部非対応
  • ×:非対応

一元管理システムを使うならメイクショップがおすすめ!

一覧表からわかる通り、一元管理システムを使うならMakeShopがおすすめです。

商品登録・管理はメイクショップ

一覧表にしてみると一目瞭然ですが、商品登録・管理機能を使うには、現段階でMakeShopになります。

通常商品の登録、更新はそれぞれの店舗で行います。

例えば1つの店舗で100商品あるとすれば、5店舗あれば500の出品登録作業をしなければなりません。

出品登録作業は地道で大変な作業

この出品登録作業は私も自分でやっていますが、本当に地道で大変な作業です。

一元管理システムを使っていなかった時は、ほぼ出品作業を放置している状態でした。

出品すれば売れる可能性がある商品なのに、作業が追い付かず放置するしかないのです。

同じ商品でも、モールによって商品カテゴリが異なったり、モール独自の登録情報が必要な場合もあり、コツコツとそれぞれの商品登録を行う必要があります。

CSVで読み込む方法がありますが、それぞれの店舗で入力項目が違うため、CSVファイルをアップロードをする際にはデータの順番を変えたり削除したりとかなりの編集作業が必要となります。

アップロードの際に、エラーが出たり、既にアップしているデータがおかしくなることもあり、かなり神経を使います。

複数店舗へまとめて出品

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、自サイトで商品登録する場合、これまでは4店舗分の作業が必要ですが、一元管理システムで商品登録をすれば、それぞれのサイトへ一括でまとめて出品する事ができるのです。

ネットショップ一元管理システムとは?

ここではネットショップ一元管理システムについて説明しますね!もう知ってるって方は読み飛ばしてくださいね!

ネットショップ一元管理システムとは、ネットショップ運営を効率化するために、商品管理・在庫管理・受注管理などの業務を、一つの画面で管理できる一元管理システムです。

ショッピングカートとは別に、一元管理サービスと契約する必要があります。

一元管理サービスごとにできることは多少違いますが、大まかに同じような一元管理が可能です。

在庫管理

複数店舗や自社ネットショップで販売している同一商品の在庫数を一括管理することができます。

1店舗だけを運営している時は問題ないのですが、複数のネットショップ運営で一元管理システムを使っていない場合、それぞれの管理画面の在庫に手動で数を入力する必要があります。

例えば在庫が1個しかない商品に対して、それぞれのショップの管理画面に1個ずつ在庫入力をしている場合、同時に注文が入る可能性や、商品が売れるたびに各ネットショップの在庫更新を手動で行わなければなりません。

私も過去に何度か在庫切れにも関わらず、在庫をゼロにするのをわすれた状態で注文が入ってしまい、大変な事になった経験があります。

また、それとは逆に在庫が1個しかない商品には、トラブルを防ぐため一つのショップにしか在庫入力しない方法をとることもあります。

ネットショップ一元管理システムを導入することで、店舗ごとの在庫数の調整と機会損失の問題が一気に解消されるね!

商品登録・管理

商品を複数店舗へまとめて出品することができます。

通常商品の登録、更新はそれぞれの店舗で行います。この出品登録作業は地道で大変な作業です。

同じ商品でも、モールによって商品カテゴリが異なったり、モール独自の登録情報が必要な場合もあり、コツコツとそれぞれの商品登録を行う必要があります。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonで商品登録する場合、これまでは3店舗分の作業が必要ですがが、一元管理システムで商品登録をすれば、それぞれのサイトへ一括で反映する事ができます。

在庫管理

複数ネットショップの受注情報を一元管理することができます。

各種メール配信、帳簿出力、出荷業務等を一元管理することで、受注業務の大幅な時間短縮が実現されます。