e-shopsカートS の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

e-shopsカートS の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

e-shopsカートS(イーショップスカートエス)は、導入実績数1万店舗以上のネットショップ開業・構築サービスです。

ホームページに「カゴに入れる」ボタンを設置するだけなので、WordPressなどの独自制作ホームページを活用して簡単にネットショップが作れます。

e-shopsカートSの特徴は、オンラインセミナー、テイクアウト、カタログ・QR通販、予約販売、ダウンロード販売、様々な販売形態で活用できるEC構築システムであることです。

通常の物販では対応しきれない販売形態を利用したい方におすすめのネットショップ開業・構築サービスです。

本日は、e-shopsカートSの特徴・評判・メリット・デメリットをわかりやすく解説していきたいと思います。

e-shopsカートS(イーショップスカートエス)の特徴

まずは、e-shopsカートSの特徴をピックアップしてみました。

・導入実績10,000店舗以上
・200種以上の機能とサービス
・安心の電話サポート
・豊富な決済手段
・販売手数料がずっと0円!
・様々な販売形態で活用可能
・1画面で購入完了できる「ゼロステップカート」

販売手数料はずっと0円!沢山売れても、どれだけ長く利用しても手数料はずっと発生しません。

e-shopsカートS(イーショップスカートエス)の魅力

e-shopsカートS

様々な販売形態で活用可能

通常の物販では対応しきれない販売形態を利用したい方におすすめです!

e-shopsカートSの魅力は、下記のような多様な販売形態で活用できます。

  1. 物販
  2. オンラインセミナーのWeb申込+決済
  3. ダウンロード販売
  4. テイクアウトのオンライン申込
  5. 定期購入
  6. QRコードを活用したカタログ通販の申込
  7. 定期購入
  8. 予約販売

ニーズに合わせて選べるプラン

e-shopsカートSは、それぞれのニーズに合わせて選べる四つプランがあります。

ショッピングカート 初期費用
(税込)
月額費用
(税込)
その他
手数料
商品
登録数
おすすめ
e-shopsカートS
ベーシック
10,000円 2,500円 なし 2,000 既存ホームページをとりあえずネットショップにしたい!
e-shopsカートS
スタンダード
10,000円 3,500円 なし 5,000 常時SSLやスマホ対応したカートを使いたい!
e-shopsカートS
ビジネス
10,000円 4,900円 なし 15,000 容量もスペックも良いサーバを一緒に利用したい!
e-shopsカートS
エキスパート
10,000円 7,900円 なし 30,000 圧倒的なサーバ容量

ショップの規模に合わせて選べるため、初心者から大規模店舗まで利用可能です。

e-shopsカートS(イーショップスカートエス)の評判

1画面で注文完了

e-shopsカートSのショッピングカートは、1回のページ移動のみで決済が完了できるという強みがあります。

画面遷移のない「ゼロステップカート」機能が標準搭載されているので、他のショッピングカートに比べてコンバージョン率が高いと言われています。

カゴ落ちを減少させ、購入数UPを図るために1画面で注文完了できるよう、画面遷移数を大幅に減らしています。

注意
ベーシックプランは、「ゼロステップカート」を利用できません。カート機能は「3ステップカート」のみ利用可能です。

1画面で注文完了できる「ゼロステップカート」を使いたいならスタンダードプラン以上がおすすめです!

e-shopsカートS(イーショップスカートエス)のメリット

かゆい所に手が届く機能

カゴに入れるボタンだけレンタルできるショッピングカートは、現在無料なものから有料のものまで多数あります。

無料なものからある中で、e-shopsカートSの特徴は200種以上の機能とサービスがあることです。

機能は、月に1回のアップデートで最新性・機能向上を維持しています。

ショップのニーズにあった様々な機能を実装している点が強みです。

「カゴに入れる」ボタンを設置するだけ

ホームページに「カゴに入れる」ボタンを設置するだけなので、WordPressなどの独自制作ホームページを活用して簡単にネットショップが作れます。

既に公開中のホームページをネットショップにしてEC運用してみたい方におすすめです!

e-shopsカートS(イーショップスカートエス)のデメリット

サポートはナビダイヤル

私もそうですが、携帯キャリアのかけ放題プランや5分間・10分間限定のかけ放題などのプランに加入している人が結構います。

0570のナビダイヤルは、通話定額サービスの対象外であり、またかけ放題も対象外となります。

通常の電話番号ですと無料で話せるところ、ナビダイヤルの場合は電話料金が発生してしまいます。

サポートに電話をかける時は、わからないことがあって電話することが多いため、長時間になる可能性が高いです。

しかもe-shopsカートSのサポートダイヤルはナビダイヤルを使用しているため、IP電話など一部の電話から掛けられないことがあります。その場合には電話を変えて、掛け直すと繋がる場合があります。

ナビダイヤルに抵抗がある方や携帯キャリアのかけ放題プランに加入している方は、デメリットとなってしまいます。

ナビダイヤルとは
ナビダイヤルとは、NTTコミュニケーションズ(株)のサービスを利用した「0570」で始まる電話番号です。 基本的には発信者側(ナビダイヤルへ電話をかける側)が通話料を負担となります。フリーダイヤルと呼ばれる着信側が通話料を負担する0120番号とは異なります。

プランによってはショッピングカート機能のみ

「ベーシックプラン」もしくは「スタンダードプラン」では、一般的なネットショップ作成サービスとは異なり、ショッピングカート機能のみの提供となります。

既にWordPressやホームページビルダーで制作したサイトがある場合はいいのですが、WordPressやホームページが無い方は、自分で準備する必要があります。

通常のネットショップのように、商品を並べてリスト表示することはできません。

WordPressやホームページの準備が無い方は、「ビジネスプラン」以上になるため、費用が割高になってしまいます。

MEMO
「ビジネスプラン」以上では、PC、スマートフォン用のネットショッピングホームページを自動で作成可能です。

他のショッピングカートとも比較したい方は、ショッピングカートごとに個別で詳しく紹介していますので、こちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
2019年|ショッピングカート徹底比較12選!おすすめと比較ポイントショッピングカート16選徹底比較!おすすめと比較ポイント2020年版