無料でネットショップを開業できるショッピングカート7選を徹底比較

無料でネットショップを開業できるショッピングカート5選を徹底比較

有料・無料の多くのショッピングカートがある中、お小遣い稼ぎや趣味の延長として考えている方、副業としてネットショップを運営したい方におすすめなのが、無料ショッピングカートです。

無料であっても高機能なショッピングカートが登場しています。

今回比較する7社の共通点は、どこも初期費用・月額利用料が無料で利用できる点です。

ですので、比較するポイントは、下記が重要になるかと思います。

費用・手数料の比較ポイント
  1. 決済手数料はどのくらいかかるのか
  2. 振込手数料や事務手数料はどのくらいかかるのか
  3. 売上金の受け取りの際、入金依頼は必要なのか
  4. 入金サイクルはどれくらいなのか
  5. ショップの規模に合わせてプラン変更するのか
デザインの比較ポイント
  1. 無料・有料のテンプレート数
  2. 直感的な操作だけでデザインできるのか
  3. HTML・CSS編集は必要なのか
  4. ロゴ表示が非表示なのか
  5. フリーページは作成できるのか

この比較ポイントを中心に、無料ショッピングカート主要7社をわかりやすく徹底的に比較していきたいと思います。

フリープラン登場
ついにカラーミーショップにも2021年5月13日(木)より初期費用・月額利用料無料で利用できる「フリープラン」が登場しました!今まで有料プランとしてコストパフォーマンスが高く人気のカラーミーショップですが、今回フリープランを比較の対象に追加しました。
新しい料金プラン「フリープラン」の提供を開始しました

目次

無料ショッピングカートのポイント別比較一覧

固定費用・決済手数料の比較一覧表

7社ともに固定費(初期費用・月額費用)が無料で使えますので、「決済手数料・その他の手数料」が重要な比較ポイントになります。

費用面を重視する方にとって、こちらの比較が一番重要です。

決済手数料の他に「サービス利用料」がかかるショッピングカートがあるので注意が必要です。
ショッピングカート 初期費用 月額費用 決済手数料 その他手数料
BASE 無料 無料 3.6% + 40円 サービス利用料3%
STORES
フリープラン
無料 無料 5% なし
Squareオンラインビジネス
無料プラン
無料 無料 3.6%
JCBのみ3.95%
なし
カラーミーショップ
フリープラン
無料 無料 6.6% + 30円 なし
shop by (ショップバイ) 無料 無料 3.6% ※1 サービス利用料2.4%
イージーマイショップ
無料版
無料 無料 5.0% + 40円 なし
FC2ショッピングカート
無料プラン
無料 無料 4%~ ※2 決済代行会社による ※2
備考
※1 決済手段によりトランザクション費用(30円/件)が発生します。トランザクション費用とは、ショップと決済代行会社との間で行われるデータの送受信に対して発生する費用のこと。クレジットカード決済、ID決済、キャリア決済が対象。
※2 FC2ショッピングカートに対応する決済代行会社と契約する必要あり
決済手数料とは?
決済手数料とは、商品が売れてお客様が決済をするタイミングで支払う手数料です。
決済手数料は、1回の注文の総合計(送料含む)に対してかかります。

無料ショッピングカートの決済手数料とサービス利用料の合計を比較すると、数パーセントの違いになります。

数パーセントといっても、1回の注文の総合計が10,000円の場合、数百円の手数料の違いが出ると思えば大きいですね。

決済手数料は、Squareオンラインビジネスが3.6%と最も安いです。これは有料ショッピングカートと比較しても引けを取らないです。

売上件数・売上金額によっては、手数料の合計額がかなりの差になる場合もあるため、具体的な注文金額を想定して計算してみる必要がありますね。

デザイン面の比較一覧表

デザイン面を重視する方には、重要な比較ポイントになります。

ショッピングカート テンプレート 直感的操作 HTML
CSS編集
フリーページ ロゴ表示
BASE

無料11種
有料60種

〇 ※1 △ ※1 表示
月額500円で非表示
STORES
フリープラン
無料48種 × × 表示
Squareオンラインビジネス
無料プラン
無料2種類 × ロゴは非表示
Squareに関する広告表示
カラーミーショップ
フリープラン
無料48種
有料34種
× 10ページまで 非表示
イージーマイショップ
無料版
無料1種類×組み合わせ × 非表示
shop by (ショップバイ) 無料35種 × 非表示
FC2ショッピングカート
無料プラン
PC版のみ ×
PC版のみ
非表示
備考
※1 HTML編集機能は、PCでのみ利用可能
※2 「ページ追加 App」は、最新のショップデザイン機能利用時の、オフィシャルテーマのみが対象です。
無料テンプレートの数にこだわるなら
無料テンプレートの数にこだわるなら、STORES、カラーミーショップ、shop by (ショップバイ)がおすすめです。
直感的に操作したいなら
HTML・CSSなど専門知識が一切不要で、直感的な操作だけで思い通りにショップをデザインしたいなら、BASE、STORES、Squareオンラインビジネス、shop by (ショップバイ)がおすすめ。

運営で必要になる機能の比較一覧表

ショッピングカートの機能は多々ありますが、ここでは運営で必要になるかと思う機能を一部ピックアップしてみました。

ショッピングカート Instagram
ショッピング
ドロップシッピング提携 カート機能 独自ドメイン
BASE
iframeタグ
STORES
フリープラン
× ×
Squareオンラインビジネス
無料プラン
× ×
カラーミーショップ
フリープラン

有料 月額 550円
×
shop by (ショップバイ) ×
イージーマイショップ
無料版
× 〇 ※1
FC2ショッピングカート
無料プラン
× × ×
備考
※1 イージーマイショップは全プランでカートのみの利用はできますが、カートのみを利用する場合の専用プランがあります。
ドロップシッピング提携とは?
ここでいうドロップシッピング提携とは、ショッピングカートのアプリなどによる提携の有無です。
ショッピングカートのアプリによる提携があるのはBASEのみですが、ドロップシッピング対応サイト・サービスによる掲載は可能です。

それでは、7社それぞれのショッピングカート(固定費が無料のプラン)について個別で説明していきたいと思います。

BASE (ベイス)

BASE (ベイス)

登録料、月額料金はすべて無料!

BASE (ベイス)は、登録料、月額料金は全て無料で開設できるネットショップ作成サービスです。

ショッピングカート 初期費用 月額料金 決済手数料数 その他手数料
BASE (ベイス) 無料 無料 3.6% + 40円 サービス利用料3%
振込手数料一律250円
事務手数料は下記記載

ドロップシッピングや無在庫販売が始められる

BASE (ベイス)の魅力は、簡単にドロップシッピングや無在庫販売が始められることです。

「BASE Apps」という拡張機能を利用して、中国輸入やオリジナルグッズを作成・販売することも可能です。

「ドロップシッピング」とは、在庫を仕入れることなく、ネットショップで注文が入った時点で、メーカーや卸売り業者から直接お客様に商品を発送する、仕入れ資金・在庫リスクゼロでネットショップを始められる方法です。

BASE (ベイス)のドロップシッピングについては、下記ページで詳しく紹介しています。
↓ ↓ ↓
BASE (ベイス)でドロップシッピング・無在庫販売を始める方法BASE (ベイス)でドロップシッピング・無在庫販売を始める方法

BASEの商品をInstagramで連携可能

BASEでは、「Instagram販売 App」を利用することで設定が可能になり、Instagramで商品を販売することができます。

「Instagram販売 App」は無料で利用することができます。

商品の魅力発信とネット販売を同時にできるInstagramを活用してみましょう。

BASE (ベイス)のメリット

  1. 簡単にドロップシッピングや無在庫販売が始められる
  2. 直感的な操作だけでデザインできる
  3. HTML編集で自由自在にカスタマイズ可能
  4. 独自ドメインが使える
  5. 最短30秒で誰でも簡単に始められる

BASE (ベイス)のデメリット

  1. 決済手数料の他に別途サービス利用料3%がかかる
  2. BASEロゴを非表示にするには月額500円がかかる
  3. フリーページの作成は、最新のショップデザイン機能利用時の、オフィシャルテーマのみが対象

BASE(ベイス)について詳しくは、下記ページで詳しく紹介しています。↓ ↓ ↓
ベイス(BASE)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説ベイス(BASE)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

STORES(ストアーズ)


STORES(ストアーズ)

無料でネットショップ開設

STORESのフリープランは、月額費用・初期費用が無料。多くの機能が無料で使えるので、資金があまりなくても、今すぐネットショップを始められます。

ショッピングカート 初期費用 月額費用 決済手数料数 その他手数料
STORES.jp
フリープラン
無料 無料 5% 振込手数料275円
事務手数料

無料で使える48種類のテンプレートが魅力

STORESの魅力は、デザインがはじめての方でも安心な48種類の美しいテンプレートが無料で使えること。

HTML/CSSなどの専門的な知識がなくても、だれでも直感的にショップデザインをカスタマイズすることができるので、自分だけのオリジナルデザインが表現できるのです。

無料でおしゃれなデザインを使いたい方は、STORES.jpがおすすめです。

STORES(ストアーズ)「フリープラン」のメリット

  1. 美しいテンプレート48種がすべて無料
  2. 直感的な操作だけでデザインできる
  3. 保管・梱包・発送業務の代行サービスがある

STORES(ストアーズ)「フリープラン」のデメリット

  1. ストアページをHTML・CSSで編集できない
  2. フリーページが作成できない
  3. フリープランではSTORESロゴを非表示にできない
  4. フリープランでは独自ドメインが使えない

STORES(ストアーズ)について詳しくは、下記ページで詳しく紹介しています。↓ ↓ ↓
STORES.jp(ストアーズドットジェーピー)の特徴・評判・メリット・デメリットSTORES(ストアーズ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

Squareオンラインビジネス

Squareオンラインビジネス

無料で本格的なネットショップ

Square(スクエア)の無料プランなら、月額利用料、振込手数料、解約費などの固定費は一切かからず無料で本格的なネットショップを始められます。

発生するのは、注文が成立した際のクレジットカード決済手数料(3.6%)のみです。

ウェブサイトの集客には欠かせないSEO対策ツール、InstagramやFacebookなどSNSを活用した販売、店舗とスムーズに連携した在庫管理、ショッピングカート機能が月額利用料0円で利用できます。

ショッピングカート 初期費用
(税込)
月額費用
(税込)
決済手数料数 その他手数料
Squareオンラインビジネス
無料プラン
無料 無料 3.6%
JCBのみ3.95%
なし

実店舗とネットショップ両方運営するならおすすめ!

Squareで開設したネットショップなら、実店舗とネットショップが一括で管理できます。

店舗で使うPOSレジとネットショップの、注文や売上、商品ラインナップ、在庫数などの情報が自動で同期され、一括で管理できるのです。

Square POSレジアプリをすでに使っているなら、商品情報が自動的にネットショップにも反映されます。

Square POSレジアプリとは?
Square POSレジアプリは無料で利用できます。登録手数料や月額固定費はありません。負担するのは、キャッシュレス決済が発生した際の決済手数料のみです。

また、商品のお届け方法は配送だけでなく、店舗受取も設定可能。

通常は店舗で売れた在庫数を手入力でネットショップに入力しなければならないのですが、Square(スクエア)なら、自動的にネットショップにも反映!在庫切れの発生を防止できます。実店舗とネットショップ両方運営してるならSquare(スクエア)がおすすめです!

決済手数料が安い

Square(スクエア)のメリットは、決済手数料が3.6%と安いことです。

無料カートでは、ショッピングカート専用の決済サービスがあるところが多く、決済手数料は安くてシンプルな料金設計になっている印象です。

無料ショッピングカートのみで決済手数料を比較した場合、Square(スクエア)が一番安いです。

Squareオンラインビジネス「無料プラン」のメリット

  1. 決済手数料が3.6%と安い
  2. 実店舗とネットショップが一括で管理可能
  3. 振込手数料や事務手数料などの負担なし
  4. 売上の入金は最短翌営業日
  5. 直感的な操作だけでデザインできる

Squareオンラインビジネス「無料プラン」のデメリット

  1. Squareに関する広告が表示される
  2. ネットショップとしての認知度が低い
  3. 独自ドメインが使えない
  4. デザインテンプレートの種類がない
  5. HTML・CSSで編集できない

Squareオンラインビジネスについて詳しくは、下記ページで詳しく紹介しています。↓ ↓ ↓
Square(スクエア)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説Squareオンラインビジネスの特徴・評判・メリット・デメリット

カラーミーショップ

カラーミーショップ

無料で始められるネットショップ作成サービス

「カラーミーショップ」は2021年5月13日より、初期費用・月額利用料無料で利用できる「フリープラン」を開始しました。

今まで有料プランのみだったカラーミーショップですが、遂に無料プランが登場。

シンプルな機能と低コストで気軽にオープンできるプランです。

新しい料金プラン「フリープラン」の提供を開始しました

ショッピングカート 初期費用
(税込)
月額費用
(税込)
決済手数料数 その他手数料
カラーミーショップ
フリープラン
無料 無料 全決済 6.6% + 30円(税抜) 指定の金融機関や入金金額によって振込手数料がかかる

カラーミーショップが選ばれている理由のひとつは、コストパフォーマンスの高さ。
フリープランも登場して、さらにコストパフォーマンスの高さが際立つようになりました。

サポートの充実

もともと有料プランのみのショッピングカートだけあって、サポートは親切で丁寧です。

フリープランには電話サポートはありませんが、後々電話サポートが必要になった場合には、ショッピングカートごと変えることなく有料プランへ変更可能です。

問い合わせに対するレスポンスの早さなど、サポートを重視する方にはおすすめのショッピングカートです。

ショップの規模に応じてプラン変更

カラーミーショップの魅力は、無料から有料までプランが充実していること。

まずは初期費用・月額利用料無料で利用できる「フリープラン」からスタートして、ショップの売上が上がれば有料プランに変更することができます。

ショップの規模が大きくなって、いろんな機能が必要になった場合も、プランを変えことができるので安心ですね。

カラーミーショップ「フリープラン」のメリット

  1. 有料・無料の豊富なデザインテンプレート
  2. 独自ドメインが使える
  3. フリーページは10ページまで可能
  4. HTML編集で自由自在にカスタマイズ可能
  5. 売上やショップの規模に応じてプランを変えれる

カラーミーショップ「フリープラン」のデメリット

  1. フリープランには電話サポートがない
  2. 詳しいHTML/CSSの説明についてはサポートの対象外
  3. デザインテンプレート登録数5点まで
  4. Instagramショッピング連携に月額550円かかる

カラーミーショップについて詳しくは、下記ページで詳しく紹介しています。↓ ↓ ↓
カラーミーショップの特徴・評判・メリット・デメリットを解説カラーミーショップの特徴・評判・メリット・デメリットを解説

easy my shop(イージーマイショップ)

イージーマイショップ

無料でネットショップ開業

イージーマイショップは、無料版でも高機能ネットショップを手軽に構築できるショッピングカート。

無料なのにフリーページ・独自ドメイン可能で高機能なショッピングカートです。

ショッピングカート 初期費用
(税込)
月額費用
(税込)
決済手数料数 その他手数料
イージーマイショップ無料版 無料 無料 5.0%+40円 振込手数料

豊富な機能を求める方におすすめ!

豊富な機能を求める方は、フリーページが作成でき、独自ドメインが使える、高機能で高いコストパフォーマンスを誇るイージーマイショップがおすすめです。

デザインテンプレートのバリエーションが少ないですが、HTMLやCSSもカスタマイズできるから、完全オリジナルのネットショップも作成できます。
無料でロゴ表示のないショッピングカートを使いたい方は、イージーマイショップがおすすめです。

オーダーメイド・定期購入などカスタマイズ販売に強い

記念品やアクセサリーのネーム入れ(名入れ)、商品のカスタムオーダーなど、複雑な注文にも対応できます。

カスタマイズによる追加料金をその場で計算。後から追加料金を別途連絡するなどの手間も無くなり、オーダーメイド注文がスピーディーにできます。

イージーマイショップは、セット販売・オーダーメイド・定期購入などカスタマイズ販売に強いショッピングカートです。

イージーマイショップ「無料版」のメリット

  1. フリーページが作成できる
  2. 独自ドメインが使える
  3. セット販売、オーダーメイド商品に強い

イージーマイショップ「無料版」のデメリット

  1. デザインテンプレートのバリエーションが少ない

easy my shop(イージーマイショップ)について詳しくは、下記ページで詳しく紹介しています。↓ ↓ ↓
イージーマイショップ(easy my shop)の特徴・評判・メリット・デメリットイージーマイショップ(easymyshop)の特徴・評判・メリット・デメリット

shop by (ショップバイ)

shop by (ショップバイ)

簡単に無料でネットショップが始められる

shop by (ショップバイ)は、2020年9月にリリースされたばかりの簡単に無料でネットショップが始められるサービスです。

ショップ開設にあたる初期費用、および開設後の月額費用はともに無料。
注文が発生するまでは課金されないのでコストを抑えられます。

ショッピングカート 初期費用 月額費用 決済手数料 その他手数料
shop by (ショップバイ) 無料 無料 3.6% サービス利用料2.4%

専門的なデザインスキルは不要

shop by(ショップバイ)は、専門知識がなくHTML・CSS編集が不要な方におすすめです。

管理画面からドラッグ&ドロップするだけで、画像やボタンだけでなく、動画や掲示板も自由にアレンジできます。

無料のデザインテンプレートが用意されており、バリエーション豊かなデザインパーツを組み合わせることで、HTMLやCSSなどの専門的なデザインスキルがなくてもオリジナルショップが作れるようになっています。

shop by (ショップバイ)のメリット

  1. 直感的な操作だけでデザインできる
  2. ページは自由に追加可能
  3. 独自ドメインは取得可能
  4. Google Analyticsとの連携可能

shop by (ショップバイ)のデメリット

  1. リリースされたのは2020年9月と歴史が浅い
  2. インスタグラム連携は現時点ではできない(予定告知のみ)

shop by (ショップバイ)について詳しくは、下記ページで詳しく紹介しています。↓ ↓ ↓
shop by(ショップバイ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説shop by(ショップバイ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

FC2ショッピングカート

FC2ショッピングカート

無料で作れて手軽にネットショップをオープン

FC2ショッピングカートの魅力は、無料で簡単にネットショップが作成できること。

無料プランなのに登録商品数が無制限で、フリーページが使えるため、十分立派なネットショップが運営できます。

FC2ショッピングカート 初期費用
(税込)
月額費用
(税込)
決済手数料数 その他手数料
無料プラン 無料 無料 決済代行会社と契約

無料でロゴ表示のないショッピングカートを使いたいなら

無料でロゴ表示のないショッピングカートを使いたい方は、FC2ショッピングカートがおすすめです。

無料ショッピングカートの場合、フリーページが不可のことがあるのですが、FC2ショッピングカートは無料でフリーページを作成できます。

ショップのお休みについて、配送にかかる日数等、ショップから案内ページなど、商品以外のお知らせページを作りたい場合はフリーページが使えると便利です。

FC2ショッピングカート「無料プラン」のメリット

  1. フリーページが作成できる
  2. FC2ショッピングモールへ無料出店
  3. ダウンロード商品の販売も可能

FC2ショッピングカート「無料プラン」のデメリット

  1. 無料プランでは独自ドメインが使えない
  2. HTML・CSS編集できるのはPC版のみ


FC2ショッピングカートについて詳しくは、下記ページで詳しく紹介しています。↓ ↓ ↓
FC2ショッピングカートの特徴・評判・メリット・デメリットFC2ショッピングカートの特徴・評判・メリット・デメリット

まとめ

ここでは、費用・手数料、デザイン、一部の機能を中心に徹底比較しました。

費用面、デザイン面、機能面のどれを重視するかが、重要な比較ポイントとなります。

費用面、デザイン面では、かなり的を絞って比較できたと思いますので、適切なショッピングカートを選んでもらえれば幸いです。

機能面では多くの機能があるため、全て比較することができませんが、無料なので実際使ってみて比較するのことが可能です。

何と言っても無料ですから、まずは気軽に使ってみましょう。

無料なので複数のショッピングカートを使ってみるのもいいですね!

ポイント!
自分のショップにとって適切なサービスはどこなのか事前に知っておくことが大切です。

運営後のショッピングカートの乗り換えは、サイト構築やデータ移行など、面倒な作業が発生します。

乗り換えには時間・金銭的コストがかかるため、最初に納得したショッピングカートを選んでスタートしたいものです。