カラーミーショップとBASEを徹底比較!ネットショップを開業するなら

カラーミーショップとBASEを徹底比較!ネットショップを開業するなら

カラーミーショップとBASE(ベイス)は、ネットショップ作成サービスです。

ついにカラーミーショップにも2021年5月13日(木)より初期費用・月額利用料無料で利用できるフリープランが登場しました。

この2つのサービスの共通点は、ともに初期費用・月額利用料無料で利用できる点です。

無料・有料と全くフィールドが違ったこの2つのサービスが、ついに比較の対象になったのです。

本日は、カラーミーショップのフリープランとBASE(ベイス)を徹底比較したいと思います。

カラーミーショップのフリープランとBASE(ベイス)で、どちらに出店しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

比較のポイント!

この2つのサービスは、どちらも初期費用、月額費用が無料で、商品登録数が無制限です。

ですので、比較するポイントとなる箇所は、下記が重要になるかと思います。

比較ポイント
  1. 決済手数料はいくらかかるのか
  2. デザインテンプレートの数はどのくらい
  3. フリーページは作成できるのか
  4. 独自ドメインは使えるのか
  5. SNSと連携できるのか
  6. ロゴは表示されるのか
  7. ドロップシッピングや無在庫販売はできるのか
  8. WordPressで制作したサイトやブログにカート機能を設置できるか
  9. サポート対象範囲は

料金を比較(初期費用・月額費用・手数料)

基本料金の比較一覧表

初期費用、月額費用はどちらも無料。
決済手数料で少しの差が出てきます。

ショッピングカート 初期費用 月額費用 決済手数料 その他手数料
カラーミーショップ
フリープラン
無料 無料 6.6% + 30円 なし
BASE 無料 無料 3.6% + 40円 サービス利用料3%

手数料では、BASEはサービス利用料がかかるので、合計するとほぼ同じです。厳密にはカラーミーショップのほうが10円安いです。

基本機能を比較

基本機能の比較一覧表1

ショッピングカート テンプレート HTML
CSS編集
フリーページ 独自ドメイン
カラーミーショップ
フリープラン
無料15種
有料20種 ※1
10ページまで
BASE 無料11種
有料58種

HTML編集 App

ページ追加 App ※2

※1 カラーミーショップ「フリープラン」:デザインテンプレート登録数5点まで

※2 「ページ追加 App」は、最新のショップデザイン機能利用時の、オフィシャルテーマのみが対象です。

無料・有料のテンプレートを比較

テンプレートの比較では、BASEの有料が58種と圧倒的に種類の多さが目立ちます。

また、有料テンプレートの価格では、カラーミーショップはおしゃれなテンプレートを選ぶなら30,000円~になりそうです。

一方、BASEは、10,000円以下でもおしゃれなテンプレートが見つかります。

有料テンプレートを比較すると、BASEのほうが一歩リードしているようです。

フリーページは作成できるのか

カラーミーショップ、BASEともにフリーページは作成できるようです。

カラーミーショップは、フリーページが10ページまで作成できます。

BASEは、アプリの「ページ追加 App」をインストールすると、フリーページが作成できます。

しかしBASEアプリ「ページ追加 App」の場合、最新のショップデザイン機能利用時の、オフィシャルテーマのみが対象です。

注意
BASEデザインマーケットで販売しているデザイナーズテーマ、および「HTML編集 App」で作成されたカスタムテーマには、現在対応しておりません。オフィシャルテーマをご利用ください。

BASEはフリーページに制限がありそうですね。カラーミーショップは10ページまでと制限がありますが、10ページあれば充分です。

基本機能の比較一覧表2

ショッピングカート Instagram
ショッピング
ロゴ表示 ドロップシッピング カート機能
カラーミーショップ
フリープラン
月額 550円 非表示 ×
BASE 無料
Instagram販売 Apps
月額 500円 ×

Instagramショッピング連携

ショッピングカートの商品とInstagramを連携することで、Instagramの投稿に商品をタグづけして、商品販売ページへ直接リンクさせることができます。

カラーミーショップは、アプリストアで月額550円 (税込)で利用可能。

BASEは、Instagram販売Appsで無料で利用できます。

Instagramショッピング連携を利用する方は、BASEなら無料で利用できますね。

ロゴは表示されるのか

BASEの場合、右上のカートボタンの横にBASEロゴが表示されてしまいます。

BASEロゴは小さいボタンなのですが、カートボタンの真横にあるため、ショップに訪れた人は自然とクリックしてしまい、BASE公式サイトに誘導されてしまいます。

BASEロゴを非表示にするには、月額500円の費用がかかります。

カラーミーショップはロゴの表示はありません。

ドロップシッピングや無在庫販売はできるのか

BASE(ベイス)は、アプリを利用してドロップシッピングが簡単に始められます。

ドロップシッピングとは?
「ドロップシッピング」とは、在庫を仕入れることなく、ネットショップで注文が入った時点で、メーカーや卸売り業者から直接顧客に商品を発送する販売形態のことを言います。

仕入れ資金ゼロ・在庫リスクゼロでネットショップが始められる方法です。

BASE(ベイス)では、アプリを利用して無料で出品できるものから、月額500円でドロップシッピングサービスと提携できるものまであります。

BASE(ベイス)のドロップシッピングについては、下記ページで詳しく紹介しています。
↓ ↓ ↓
BASE (ベイス)でドロップシッピング・無在庫販売を始める方法BASE (ベイス)でドロップシッピング・無在庫販売を始める方法

ドロップシッピングを始めたい方は、BASEがおすすめです。

WordPressで制作したサイトやブログにカート機能を設置できるか

WordPressで制作したサイトやブログに、手軽にカート機能だけを貼り付けてネットショップを運営したいという要望が増えています。

カラーミーショップに契約すれば、全てのプランでカート設置機能が利用可能です。

集客に強いWordPressを使って商品に関する記事をアピールしたい方は、カート機能を設置できるほうがおすすめです。

WordPressで制作したサイトやブログにカート機能を設置したい方は、カラーミーショップがおすすめです。

サポートを比較

サポートの比較一覧表

ショッピングカート 電話 メール チャット マニュアル 概要
カラーミーショップ
フリープラン
× ×

・公式Webメディア
・公式YouTubeチャンネル

<メール>3〜5営業日ほどでの対応
BASE × ・ノウハウサポート <チャット>平日:13時〜18時
<メール>3〜5営業日ほどで返信

全体的なサポートの比較はほぼ互角です。チャットを利用したい方は、BASEがおすすめです。

まとめ

初期費用、月額費用はどちらも無料。
決済手数料が1件につき10円カラーミーショップのほうが安くなります。

その他では、機能面で自分のショップに必要な機能が無料で利用できるほうを選ぶことがベストです。

カラーミーショップ

カラーミーショップは、売上やショップの規模に応じてプランを変えていくことが可能です。

まずは初期費用・月額利用料無料で利用できる「フリープラン」からスタートして、ショップの売上が上がれば上級プランに変更することができます。

ショップの規模が大きくなって、いろんな機能が必要になった場合も、プランを変えるだけでショッピングカートごと変える必要がありません。

下記ページでカラーミーショップについて詳しく紹介しています。
↓ ↓ ↓
カラーミーショップの特徴・評判・メリット・デメリットを解説カラーミーショップの特徴・評判・メリット・デメリットを解説

BASE(ベイス)

BASE(ベイス)は、アプリを利用してドロップシッピングが簡単に始められます。

BASE(ベイス)では、アプリを利用してドロップシッピングサービスと提携すれば、「輸入販売」や「オリジナルグッズ」などのドロップシッピングが可能になります。

下記ページでBASE(ベイス)について詳しく紹介しています。
↓ ↓ ↓
ベイス(BASE)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説ベイス(BASE)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説