ネットショップの商品を仕入れ資金ゼロ・リスクなしで始める方法

ネットショップ開店に興味はあるけど、商品ってどうやって仕入れるのかわからない?

ネットショップの商品を仕入れ資金ゼロ・リスクなし始める方法はあるの?

皆さんからよく聞かれる質問です。

ネットショップの仕入れと言えば、一般的に「商品を卸価格で仕入れて販売する」というイメージを持つ方が多いようです。

しかし、実際には一からメーカーや卸問屋、ネットから商品を仕入れてネットショップを始める人ばかりではありません。

仕入れルートが開拓できない、仕入れ資金がない、そのような理由で最初から諦めることはありません。

本日は、ネットショップの商品を仕入れ資金ゼロ・リスクなし始める方法についてお話したいと思います。

実店舗の商品をネット販売

生き残りが厳しい小売店舗

現在小売店舗経営が非常に厳しい時代へと突入しています。

すでに実店舗を開店していて、店舗だけではなかなか商売が厳しくなってきた場合に、店舗の運営はそのまま続けながらお店の商品をネット販売し始める人も多くいます。

また実店舗販売からオンライン販売に切り替える方もいるようで、店舗離れが増えています。

すでに実店舗を開店している人は、仕入れルートもあり、商品もあるのでネット販売をすぐにスタートできます。

実店舗を運営していなくてもOK!

実際に自分や家族が実店舗を運営していなくても、自分の親戚や友人、知人をみまわしてみれば、何らかの商売をしている人がいるかと思います。

そんなまわりの人のお店の商品を売るお手伝いから、ネットショップを始める人も多くいるのです。

商品は仕入れず、売れた時だけ直送してもらい、利益の何パーセントかを受け取る約束をして始めるという方法もよく聞きます。

このような販売手法をしている方がいて、これを「直送販売」と呼んでいます。

資金ゼロ・リスクなしの「直送販売」

直送販売をうまく活用

私のまわりには、「直送販売」をうまく活用して利益を出している人が多くいます。

MEMO
「直送販売」はドロップシッピング(Drop Shipping)とも言います。

商品販売者(ドロップシッパー)が仕入れをすることなく、顧客から注文を受けた分だけ商品提供者(サプライヤー)に発注し、サプライヤーはドロップシッパーを介さずに顧客に商品を発送するというシステムです。

ドロップシッピングと言えば・・・

ドロップシッピングと言えば、株式会社もしも運営の「もしもドロップシッピング」をイメージする人が多いと思います。

しかし、ここで私が言う「ドロップシッピング」は、ドロップシッピング専門事業者からの「ドロップシッピング」のことではありません。

ドロップシッピングとは?
在庫を持たなくてもネットショップを運営できるネットショップの形です。
メーカーや小売業者、ドロップシッピング専門事業者から直接顧客に商品を発送する「資金ゼロ・リスクゼロ」ではじめられるビジネスです。

株式会社もしもは、ドロップシッピングと呼ばれる誰もが簡単にネットショップを運営できる仕組みを、2006年に日本で初めて実現した会社です。

その後数々のドロップシッピング業者が参入し、メディアを賑わせていましたが、生き残ったのは「もしもドロップシッピング」だけでした。

そんな唯一の「もしもドロップシッピング」も2020年4月末でサービスを終了します。

もしもドロップシッピング2020年4月末でサービス終了「もしもドロップシッピング」は何故サービス終了したのか?

ドロップシッピング専門事業者の販売形態は稼げない

「もしもドロップシッピング」がサービスを終了する理由は、昨今のEC市場の変化により、もしもドロップシッピングとして価値提供を続けることが難しくなったから。

ドロップシッピング専門事業者からの「ドロップシッピング」は、売りたいものが売れるわけではなく、そこで取り扱っている商品の中から選ぶしかなく、利益を出すのが難しいと言われています。

日本では、ドロップシッピング専門事業者から直接顧客に商品を発送する形で運営されているインターネット上のショップ形態を「ドロップシッピング」と思われている方が多いようです。

ここで私が言う「ドロップシッピング」は、ドロップシッピング専門事業者からの「ドロップシッピング」のことではありません。

お店の商品を売るお手伝い

一般の小売店舗と「ドロップシッピング契約」するのです。

例えば、自分の親戚や友人、知人をみまわしてみれば、何らかの商売をしている人がいるかと思います。

そんなまわりの人のお店の商品を売るお手伝いから、ネットショップを始める人も多くいます。

商品は仕入れず、売れた時だけ直送してもらい、利益の何パーセントかを受け取る約束をして始めるという方法もよく聞きます。

これが私の言う直送販売(ドロップシッピング)です。

直接交渉して始めるネットショップ

親戚や友人、知人ばかりではなく、自分の好きなハンドメイド作家や、信楽焼・有田焼などの伝統の陶器・磁器の職人に直接交渉して、仕入れ資金ゼロ・リスクなしのネットショップの運営だけを担当する人が多くいます。

物を作ることには長けているけど、ネット販売やコンピューターなど無縁の人がネット販売を手伝ってほしいと思っている方も多くいるのです。

売れた場合に利益の何パーセントかを受け取る約束をして始めることを、直送販売(ドロップシッピング)と呼んでいます。

ネットショップを介して売れた分だけ支払うので、商品提供者もマイナスになることがないため、喜んでもらえる仕組みです。

ハンドメイド作品をネット販売

また、ハンドメイド作品をネット販売することも仕入れ資金ゼロ・リスクなしとまでは言えませんが、始めやすい方法です。

もし物づくりが好きな人や得意な人で、周りの友人・知人などから作ってほしいと頼まれるような物がある方は、ネット販売に挑戦してみる価値があると思います。

今までは周りの友人・知人などから作ってほしいと頼まれることしかなかったのに、ネットにハンドメイド作品を公開することで、多くの人に知ってもらい、収入を得るチャンスが広がるのです。

ハンドメイドは唯一無二のオリジナル

ハンドメイドの場合、どこにでも売っているものではなく、唯一無二のオリジナル商品であるため、そこでしか買えない「貴重な商品価値になる」というメリットがあるのです。

まとめ

このように、一からメーカーや卸問屋、ネットから商品を仕入れてネットショップを始める人ばかりではないということをお話させていただきました。

実店舗を開店している人、自分の身近に実店舗を運営している人、もし物づくりが好きな人や得意な人は、ネットショップの商品を仕入れ資金ゼロ・リスクなしに始めることができます。

自分の好きな作家さんや工芸品を作っている方などに直接交渉して、ネット販売を始めることも挑戦してみたいものです。

自分の好きなものを集めたショップで上手く成功している人もたくさんいるのです。