楽天市場へ出店するメリット・デメリット・特徴・評判を解説する

楽天市場へ出店するメリット・デメリット・特徴・評判を解説する

楽天市場は、インターネット通販が楽しめる総合ショッピングモール。

店舗数、ユーザー数、共に日本最大のECモールです。

楽天市場に出店する最大の魅力は、国内最大級の圧倒的な集客力をもったショッピングモールへ出店するということです。どこよりも成功への近道となるショッピングモールと言われています。

でも…「出店費用は高いみたいだけど安いプランもあるの?」「どれぐらいの利益がでるのだろうか?」というのが正直な疑問。

本日は、ネットで稼ぐ方法として、楽天市場出店のメリット・デメリット・特徴・評判をわかりやすく解説していきたいと思います。

『楽天市場』の特徴

日本最大級のオンラインショッピングモールとして知られる「楽天市場」。

4,804万人と言われる利用者数で、未だに流通総額を伸ばし続けています。

女性客に強い「楽天市場」

男女別の利用者数では、女性は「楽天市場」が最も多く、男性は「Amazon」が最も多いようです。

女性客に強い「楽天市場」
「楽天市場」は、食品やファッションなど、特に女性が好むものに強い
男性客に強い「Amazon」
「Amazon」は、マンガ本やゲーム、家電、パソコンや周辺機器等、特に男性が好むものにが強い

という傾向があります。

楽天市場では、ファッション、食品、日用品・雑貨、家電をはじめ、各商品ジャンルの流通総額が伸びています。またオリジナル商品が売れています。

楽天市場の出店のデメリット

他モールより出店料が高い

楽天市場のデメリットとして、一番にあげられるのが、他モールと比較して出店料が高いことです。

出店料が高いのには、高いだけの理由があるということだと思いますが、気になるのがどれぐらいの利益がでるのか?というところです。

出店料については、ネットに掲載されているオープンな出店料もありますが、楽天市場の資料を請求したり、セミナーに参加すれば、新規出店窓口からメールで様々な案内がくるようになります。

このような案内メールによるお得な出店料金プランを待つのも一つの手段です。

楽天市場の出店のメリット

利用者が多く信頼感がある

「利用者が多い」、「集客に強い」、「信頼感がある」といった点から、出店料が高くても楽天市場に出店したいショップが多いのです。

楽天の会員数は年々増加して、2018年の国内インタネットショッピングモールで流通総額は国内最大級と言われています。

楽天市場へ出店するということは、国内最大級の集客力をもったショッピングモールへ出店するということになるのです。

言い換えれば、出店費用は高いけど「売れる」ということです。

出店費用を上回る利益が出せるなら、検討してみるべきです。

費用の面で折り合いがつけば、ぜひ出店を検討したいモールです。

専任のECコンサルタント

他のモールにはない楽天市場のサポート体制は大きな魅力です。

1店舗に対して一人の専任のECコンサルタントが付くのは楽天市場だけです。

ネットショップの最新情報や販売方法を知り尽くしたECコンサルタントと相談をしながら販売戦略を練っていくことができます。

MEMO
このECコンサルタントは、何かトラブルが起こってしまった時などに相談できる強い味方です。専任のECコンサルタントが付く点は大きなメリットだといえます。

ネットならではの販売ノウハウを知る“ネット販売のプロ”ECコンサルタントが、お店のパートナーとなり二人三脚でショップを作っていくようです。

知識や経験によるサポートはもちろん、楽天市場における顧客の購買動向、お店のアクセス・売上データの状況に基づいた販売戦略を提案などもしてくれるようです。

安心・充実のサポート体制

モール出店でとても重要になるのがサポート体制です。

楽天市場は、専任のECコンサルタントに加え、コールセンターもある安心のサポート体制なのです。

楽天市場の出店料が高い理由のひとつには、安心・充実のサポートが含まれているのです。

楽天市場では出店からネットショップ運営のサポートまで専任のECコンサルタントがつきます。地域密着型のサポートをモットーに、全国に楽天支社を広げているようです。

楽天市場に出店して本当に稼げるの?

私自身は、まだ楽天市場には出店していないのですが、私のライバルショップや派遣先の数多くで「楽天市場」で出店しています。

そのライバルショップや派遣先は、楽天市場だけではなく多店舗展開していますが、やはり楽天市場の売り上げが一番高いと言います。

個人ネットショップが楽天市場に出店するのは、なかなかハードルが高いように思いますが、中規模くらいのショップでは数多くのショップが出店しているのです。

価格競争に巻き込まれない

私から見た印象ですが、楽天市場に出店しているショップは価格競争には動じないショップが多いと感じます。

価格競争で脱落していくショップが多いなか、楽天市場に出店しているショップは何か他の勝算があるのかもしれません。

出店費用を上回る利益が出せるなら、検討してみるべき価値はありそうです。

無料でもらえる「楽天市場出店ガイドブック」

資料請求でガイドブックがもらえる

資料請求すると「楽天市場出店ガイドブック」が無料でもらえます。

PDFデータの場合
PDFデータを選択の場合、入力後すぐに見ることができます。
郵送の場合
郵送の場合は、3~5日程度で届きます。

私もこのガイドブックを郵送で請求しました。

この「楽天市場出店ガイドブック」は、楽天市場が満足できる理由、メリット、仕組み、集客力、ノウハウ、各種料金や手続き方法など、このガイドブックでほとんどの事が理解できる内容となっています。

下記より「資料請求」できます。

楽天市場出店(資料請求)

「楽天市場出店ガイドブック」の内容
出店までの流れから、ネットショップ業界の最新動向や、未経験から高い売上を実現した事例など、 情報満載、大変魅力的な内容です。

楽天市場ECセミナーに参加

私もガイドブックを見た後、さらに2016年4月「楽天市場ECセミナー」に参加してきました。

「楽天市場ECセミナー」は、会場セミナーとオンラインセミナーの2種類のセミナーがあり、どちらも無料で参加できます。

私は会場セミナーに参加しましたので、疑問点など聞きたい事を楽天市場営業担当者に直接相談することができました。

出店するしないは別にして、こういったセミナーや勉強会に参加することは、ネットショップを運営していくのにとても勉強になります。

その時の記事はこちら
↓ ↓ ↓
楽天市場の無料ECセミナー(ネットショップセミナー)に参加しました楽天市場の無料ECセミナー(ネットショップセミナー)に参加しました

新規出店窓口からお得な案内

楽天市場の出店資料請求したり、セミナーに参加すれば、時々新規出店窓口からメールで様々な案内がくるようになります。

月額出店料4,900円、初期登録費用無料など特別出店プランへの案内や、ネット出店3大モールの比較資料などのプレゼントなどお得な情報メールがくるようになります。

楽天市場のメリット・デメリットをよく確認して、出店をじっくり検討してみてください。