PayPal(ペイパル)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

PayPal(ペイパル)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

PayPal(ペイパル)は、クレジットカードや銀行口座で支払いと受け取りが簡単にできるオンライン決済サービスです。

世界で3億人以上が利用するかんたん安全な決済・送金・送金リクエストサービスです。

個人情報は相手に伝えないので安心・安全な決済サービスです。

本日は、PayPal(ペイパル)の特徴・評判・メリット・デメリットをわかりやすく解説していきたいと思います。

PayPal(ペイパル)の特徴

PayPal(ペイパル)

PayPal(ペイパル)とは、クレジットカードや銀行口座で支払いと受け取りが簡単にできるオンライン決済サービスです。

PayPal(ペイパル)のアカウントは下記の2種類があります。

PayPal(ペイパル)アカウントの種類

パーソナル(個人)アカウント ビジネスアカウント
デビット・クレジットカードまたは銀行口座を登録して主に支払い・送金に利用する場合 EC運営等、ビジネスでの支払い・送金・決済受け付けなどに利用する場合

私はPayPalのビジネスアカウントを取得しています。運営しているカラーミーショップにPayPal(ペイパル)決済を導入するため、ビジネスアカウントを取得しました。

ショッピングカートなどにペイパル決済を導入するなら、ビジネスアカウントを取得することになります。

PayPalアカウントは、個人用とビジネス用に分けるのがおすすめの使い方ともいわれていますが、私は個人的な「支払い」もビジネスでの「受け取り」もビジネスアカウントのみで併用しています。

ポイント
PayPal(ペイパル)の利用頻度が高く、マネーフォワードクラウド確定申告など、確定申告ソフトを使ってデータ連携したい方は、個人用とビジネス用にアカウントを分けるのがおすすめです。

PayPal(ペイパル)の手数料

新規登録・年会費 カード・銀行口座での
ショッピングでの支払い
個人間での送金・集金
無料 無料
(日本円の場合)
無料(※)
(日本円・日本のアカウント間の場合)

(※) 個人間の送金でクレジットカードは利用できません。無料で利用するには、銀行口座の口座振替設定が必要です。万一、クレジットカードで送金をした場合は、支払いを受取る側が決済手数料を負担しますのでご注意ください。

PayPal(ペイパル)の海外送金手数料

サービス 海外送金手数料 通過換算手数料
PayPal(ペイパル) 499円
100万円まで/1回あたり
送金側が負担する場合:4%
受け取り側が負担する場合:3%

自身が保有している通貨とは異なる通貨で取引が行われた場合には、通貨換算手数料が発生します。

送金側が負担する例
送金が円で受け取るが米ドルの場合。
銀行口座へ引き出す時に発生する例
米ドルの残高を、日本の銀行へ引き出す場合。
※日本の銀行口座へは日本円でのみ引き出せます。

銀行への引き出し手数料

5万円以上/1回あたり 無料
5万円未満/1回あたり 250円

友達や家族から送金されたお金はペイパルの残高に入金されます。残高は、ショッピングや送金に利用できるうえ、銀行口座へ引き出すこともできます。銀行口座への引き出しには通常3営業日かかります(金融機関により異なります)。

PayPal(ペイパル)の評判

セキュリティも万全

ペイパルは、オンライン決済サービスで15年以上の経験にもとづくノウハウがあります。

ペイパルに登録した支払い情報はペイパルが保護しています。

そのため、支払い時にもカード情報や銀行口座情報はお店側に伝わらないので、購入者側にとっては安心してショッピングができます。

また、買い手保護制度というものがあり、ペイパルで購入した商品やサービスに対して、何か問題があった場合に、一定の条件の下に補償をするプログラムです。

下記のような時に補償の対象となります。

  • ペイパルを利用して代金を支払ったのに、商品またはサービスが届かなかった。
  • 届いた商品またはサービスが、説明や紹介されている内容と著しく異なっている。

業界最高水準のセキュリティシステム、売り手保護制度、不正防止モデルで常にお客さまのお取引や個人情報を守っています。

販売者も購入者も、安心してお取引ができる仕組みになっています!

PayPal(ペイパル)のメリット

開設費・初期費用・月額手数料が無料

PayPal(ペイパル)の一番のメリットは、下記費用が基本無料であることです。

アカウント開設費 初期費用 月額手数料 銀行口座への引き出し
無料 無料 無料(※1) 無料(※2)

ネットショップを運営している方は、ショッピングカートの決済導入方法として、クレジット決済やコンビニ決済を契約すると、全く売れない月でも通常月額最低費用を支払わなければなりません。

PayPal(ペイパル)は、決済が発生しない場合はコストはかかりません。

ネットショップを運営者は、開設費や初期費用、月額手数料が一切かからず、決済手数料のみの支払いとなります。

決済が発生しない月はコストがかからない点が理由で、私は真っ先に運営しているカラーミーショップにPayPal(ペイパル)決済を導入することにしました。

初期費用や手数料などがリーズナブルで、少ないコストで決済サービスを活用できるところが、PayPal(ペイパル)の魅力です。

注意
※1 ペイパル+カード(ウェブペイメントプラス)をお申し込みの場合は、3,000円/月がかかります。
※2 残高を銀行口座へ引き出す金額が5万円未満の場合 250円/件の手数料がかかります。米国の銀行口座への引き出しには2.5%の手数料がかかります。金融機関により別途手数料がかかる場合がございます。ご利用の金融機関にお問い合わせください。

少額の海外送金手数料が安い

10,000円(海外送金手数料499円別にかかる)を海外に住んでいる友人に送金しました。

10,000円の支払い額に対して、下記のような受取人の受取額となっています。

支払い額 受取人の受取額
¥10,000 $92.06
(総額-$92.06 USD、PayPal手数料-$4.59 USD、正味金額-$96.65 USD)

PayPal(ペイパル)のデメリット

国内での認知度

PayPal (ペイパル)で買い物をするには、基本的にPayPalパーソナルアカウントを持っている方、または新規登録する必要があります。

海外での知名度と信頼性の高いペイパルですが、「PayPalを使うと言えば海外サイト」といった印象は根強いようです。

PayPalパーソナルアカウントを持っていない方にとっては、新規登録してまで利用するとなるとハードルが高いような気がします。

高額な海外送金には向かない

ペイパルは、1回あたり499円という海外送金手数料は安いのですが、送金側が負担する場合、4%という比較的高額な通貨換算手数料が為替レートに上乗せされます。

そのため、送金額が高額になればなるほど手数料が高くなります。

PayPal (ペイパル)の特徴をよく理解して、上手く使い分けましょう!

私は海外送金用として、PayPal(ペイパル)、楽天銀行、TransferWiseを使い分けています。