ドロップシッピングの特徴・評判・メリット・デメリットを解説

ドロップシッピングの特徴・評判・メリット・デメリットを解説

「ドロップシッピング」とは、在庫を仕入れることなく、ネットショップで注文が入った時点で、メーカーや卸売り業者から直接顧客に商品を発送する販売形態のことを言います。

仕入れ資金ゼロ・在庫リスクゼロではじめられる方法です。

ドロップシッピングの利用方法としては、ドロップシッピングに対応している商品仕入れサイトを利用したり、ネットショップ作成サービスのアプリを利用する方法などがあります。

本日は、ドロップシッピングの特徴・評判・メリット・デメリットをわかりやすく解説していきたいと思います。

ドロップシッピング対応の「商品仕入れサイト」や「ドロップシッピングアプリ」を紹介するよ!

ドロップシッピングの特徴

まずは、ドロップシッピングの特徴をピックアップしてみました。

・仕入れ資金ゼロ(中には利用料や会費などで月額費用がかかる場合もある)
・在庫を抱えるリスクゼロ
・梱包作業が不要
・発送業務が不要
・商品を自由に変えることが可能
・競争相手が多い
・利益率が低い
・取扱う商品の幅が狭い

ドロップシッピングの魅力

仕入れ資金・在庫リスクゼロ

新規でネットショップを始める際の大きな壁が「仕入れにかかる費用の問題」。

物販ビジネスは、先に商品を仕入れる資金が必要なこと、また在庫を抱えるリスクなど、様々なリスクがあります。

物販のリスクが不安で踏み出せない方も多いと思います。

そんな方には、在庫を持たなくてもネットショップを運営できる「ドロップシッピング」から始めてみるという方法があります。

「ドロップシッピング」は、仕入れ資金・在庫リスクゼロではじめられる方法です。

梱包作業や発送業務が不要

梱包作業や発送業務は、人手が足りない場合、一つひとつの業務負担が大きく時間がかかってしまいます。

通常ネットショップ運営に欠かせないのが、ダンボール・梱包資材・ラッピングです。

商品の発送の際には、商品に合わせた適切なサイズのダンボール箱を選ぶこと、ラッピング用品を選ぶことなど、結構大変です。

また発送業務に関しては、少しでも商品の送料を安くするために、配送会社を比較するのは大変な作業となります。

ドロップシッピングを利用すれば、商品はメーカーから直接顧客に発送してくれるため、面倒な梱包作業や発送業務が不要になります。

ドロップシッピングの梱包作業や発送業務が不要な点はとても魅力です。

ドロップシッピングの評判

低コストでネットショップが始められる

私もそうでしたが、物販のリスクが不安で踏み出せない方が多いかと思います。

私も過去ドロップシッピングからスタートさせ、少しずつ仕入れ商品を増やしていきました。

そして今もドロップシッピングと仕入れ商品を織り交ぜながらネット販売をしています。

なによりも、最初に仕入れ資金というリスクを取ることはハードルが高すぎるのです。

まずは、仕入れ資金・在庫リスクゼロでネットショップをスタートさせることができるということで「ドロップシッピング」は人気があります。

ドロップシッピングや無在庫販売で資金を貯めて、仕入れ販売に移行する方法が安心だと思います。

ドロップシッピングのメリット

商品を自由に変えることが可能

仕入れ商品と違ってドロップシッピングのメリットは、売れ行きに合わせて商品を自由に変えることが可能なことです。

ネットショップをスタートさせる時は、何のカテゴリーを中心に取り扱えばいいのか悩んでしまいます。

どのジャンルが売れるのか、販売しやすいのかというのは、実際に販売してみなければわからないものです。

ドロップシッピングで売れる商品を見つけよう!

とりあえず、始めは様々な商品を取り扱ってみたいものですが、その時々で思いついたものを仕入れていけば、最終的に何の店かもわからない状態になってしまいます。

その点「ドロップシッピング」は、仕入れリスクがないので、掲載してみて売れなければ、その都度商品を変えることができることが一番のメリットです。

自分に向いた販売ジャンルを見つけることができるのです。

ドロップシッピングのデメリット

競争相手が多い

ドロップシッピングの魅力的な面ばかり紹介してきましたが、当然メリットばかりではありません。

ドロップシッピングが可能な商品は、リスクがない分ライバルが多くなります。

単純に仕入れて出品するだけなら、価格競争に巻き込まれてしまう可能性もあるでしょう。

利益率が低い

在庫をもつ必要がなくなるため、ローリスクで運用できるドロップシッピングですが、当然リスクがない分、利益率が低いのは当たり前のことです。

仕入れ商品に比べてドロップシッピングは、利益を出すことが難しくなります。

ドロップシッピングとフィリエイトがよく引き合いに出されますが、利益率としては同じような感じではないでしょうか。

しかしドロップシッピングで利益を上げている企業や個人も確かにいますので、運用次第ではしっかりと利益を上げていくことも可能と言えます。

利益率の点は理解した上で、上手にドロップシッピングを使っていければと思います。

仕入れる商品の選択肢が少ない

ドロップシッピングは、決まった仕入れ先の中から商品を選ぶ必要があるため、取扱う商品の幅が狭く、他店と差別化が図りにくいです。

例えば、今海外で人気があるブランド商品を取り扱いたいと思っても、当然不可能です。

「ドロップシッピング」は、売りたいものが売れるわけではなく、「ドロップシッピング」で取り扱っている商品の中から選ぶしかありません。

過去ドロップシッピングを中心に行っていた私ですが、このようなデメリットが理由で「ドロップシッピング」を続けながら、少しずつ商品を仕入れることも始めるようになっていったのです。
物販のリスクが不安な人に読んでほしい!リスクのない仕入れ方法物販のリスクが不安な人に読んでほしい!リスクのない仕入れ方法

ドロップシッピング対応の商品仕入れサイト5選

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)

日本最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイト

NETSEA(ネッシー)は、日本最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイトです。

小売店が問屋(卸会社)から商品を仕入れることができる会員登録無料のサイトです。

アパレルや雑貨、化粧品、食品、家具、ハンドメイド素材など、様々なジャンルの170万点以上の商品が掲載される国内最大規模のサービスです。

ドロップシッピング対応可能商品あり

ネッシーはドロップシッピング専門サイトではないのですが、60万アイテムが直送対応しており、ドロップシッピング対応が可能な商品があります。

ネッシーの仕入れサイトを活用したドロップシッピングが可能になります。

会員登録・入会金・月会費すべて無料

商品の卸価格は会員にのみ公開となっていますが、会員登録無料なので、まずはネッシーに会員登録して、商品の卸価格をリサーチするといいでしょう。

サービス 会員登録費用 入会金・月会費 ジャンル 取扱い商品数
NETSEA(ネッシー) 無料 かかりません 総合 170万点以上

バイヤー会員としての仕入れ会員登録は、会員登録・入会金・月会費すべて無料なので、NETSEA(ネッシー)の仕入れを手軽に始めることができます。

下記記事にNETSEA(ネッシー)について詳しく書いています。

NETSEA(ネッシー)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説NETSEA(ネッシー)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

TopSeller(トップセラー)

TopSeller(トップセラー)

無在庫販売できる商品仕入れサイト

TopSeller(トップセラー)は、25万点以上の商品から好きな物を選んでネットショップで販売できる商品仕入れサイトです。

運営会社は、ドロップシッピング事業とアフィリエイト事業『もしもアフィリエイト』を行っている株式会社もしもです。

もしもドロップシッピングとの違いは、トップセラーの場合、各ストアが特定商取引法上の販売主体となります。

商品の撮影や出荷はトップセラーに委託しますが、クレーム対応などお客様とのやり取りは自分たちで行うことになります。

メーカー直送のドロップシッピング

TopSeller(トップセラー)の一番の魅力は、商品はメーカーから直接顧客に商品を発送するため、仕入れ資金ゼロではじめられる点です。

仕入れ資金ゼロでネットショップがはじめられます。

TopSeller(トップセラー)の仕入れサイトを活用したドロップシッピングが可能になります。

サービス 初期費用 月額費用 ジャンル 取扱い商品数
トップセラー 無料 0円~ 総合 25万点

25万点以上の商品から選べる

また商品点数が多いため、お客様が欲しい商品が見つかりやすいことも大きな魅力だと思います。

25万点以上の商品というたくさんの中から好きな物を選んでドロップシッピング販売したい方は、TopSeller(トップセラー)がおすすめです。

下記記事にTopSeller(トップセラー)について詳しく書いています。

TopSeller(トップセラー)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説TopSeller(トップセラー)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

TOPWHOLE(トップホール)

TOPWHOLE(トップホール)

卸価格で買える会員制ファッション通販サイト

TOPWHOLE(トップホール)は、卸価格で買える会員制ファッション通販サイトです。

ワンピース、トップス、パンツ、アクセサリーなどの売れ筋や韓国ファッションなど、アパレル系のトレンドアイテムが低価格で揃っています。

月額費がかかる会員制

TOPWHOLE(トップホール)で商品を仕入れるには、月額3,000 円(税抜)の会費がかかります。

サービス 入会金 月会費 ジャンル
TOPWHOLE(トップホール) 無料 3,000 円(税抜) ワンピース、トップス、パンツ、アクセサリーなど

TOPWHOLE(トップホール)は月額費用がかかりますが、現地に行かずに現地販売価格に近い価格で購入できるので、経費と思えば高くないですよね。

TOPWHOLE

現在ドロップシッピング対応なし

TOPWHOLE(トップホール)は、現在のところドロップシッピング(直送)には対応していませんが、在庫を持たずに自社のWEBサイトなどで販売することは可能です。(無在庫販売)

会員になれば、トップホールのモデル写真や物撮り画像が利用可能なため、注文が入ってから商品を仕入れることができるのです。

ドロップシッピングも近いうちに対応されることを期待しています。

月額費用はかかってしまいますが、仕入れ資金ゼロではじめらる点は魅力です。

下記記事にTOPWHOLE(トップホール)について詳しく書いています。

TOPWHOLE(トップホール)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説TOPWHOLE(トップホール)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

卸の達人

卸の達人

直送サービス可能な卸問屋

卸の達人は、ダイエット・美容・健康商品を主に扱う卸問屋です。

ネット卸でよく見かける商品だけでなく、TVや実店舗等で人気の商品や、他の仕入れサイトでは手に入らない商品を仕入れる事が可能です。

会員登録・月額料金は、無料です。

卸の達人の魅力は、1個から直送可能(ロットのみ取扱の商品もあり)なので在庫リスクゼロで運営可能なことです。

在庫を持たずに、楽天、ヤフーショッピング、Amazon、自社のWEBサイトなどで販売が可能です。

直送サービス利用でドロップシッピング

直送サービスを利用すれば、卸の達人から直接顧客に商品を発送するため、リスクゼロではじめられます。

登録料・月会費無料

会員登録は、登録料・月会費無料なので、手軽に始めることができます。

法人はもちろん、個人事業主も会員登録可能です。

楽天、ヤフーショッピング、Amazon、自社のWEBサイトなどで商品を掲載して、お客様から注文が来た後、 卸の達人に注文する形となるので、在庫リスクゼロで運営可能!

下記記事に卸の達人について詳しく書いています。

「卸の達人」の特徴・評判・メリット・デメリットを解説「卸の達人」の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

オロシー(orosea)

オロシー by Santasan

実店舗・ネットショップ運営者対象の会員制卸売りサイト

オロシ─は、 実店舗・ネットショップ運営者対象の会員制卸売りサイトです。

ドロップシッピング対応商品あり

オロシーの魅力は、ドロップシッピングに対応している商品があることです。

お客様直送可能商品と記載された商品は、ドロップシッピングが可能です。

お客様直送可能商品の場合は、オロシーから直接顧客に商品を発送するため、在庫を背負うリスクがなく在庫を持たずに販売が可能です。

入会金・会費が一切無料

新規会員登録は、入会金・会費が無料なので、手軽に始めることができます。

注意
実店舗・ネットショップ運営者対象です。一般個人の方は登録できません。
サービス 会員登録費用 入会金・月会費 ジャンル
オロシ─ 無料 無料 美顔器、ダイエット・健康器具、美容グッズ、ヘアケアグッズ、ヘアアイロン、ウィッグ、靴、バッグ、財布、イルミネーション&クリスマスグッズ、iPhone関連など

商品の卸価格は会員にのみ公開となっています。

下記記事にオロシー(orosea)について詳しく書いています。

オロシー by Santasan の特徴・評判・メリット・デメリットを解説オロシー by Santasan の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

ドロップシッピング可能なネットショップ作成サービス2選

次にアプリを活用するドロップシッピングが可能なネットショップ作成サービスをご紹介します。

ベイス(BASE)

ベイス(BASE)

ベイス(BASE)は、ネットショップを無料で簡単に開設できるネットショップ作成サービスです。

ベイス(BASE)は、今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消する人気のショッピングカートです。

月額500円で簡単にドロップシッピング

ベイスでは、「BASE Apps」という拡張機能を使って連携している輸入代行業者「タオバオ新幹線(月額500円(税抜)」を活用して、輸入販売(ドロップシッピング)を始めることができます。

「タオバオ新幹線」を活用して、中国最大手ECモール「タオバオ(淘宝 Taobao)」、「Tモール」、「アリババ」から商品の仕入れを行えます。

ベイスで輸入代行業者を利用するメリットは、価格が安い中国製品を仕入れられること、日本語でやりとりができること、ドロップシッピングが可能なことなどがあります。

「BASE」を利用して海外仕入れをしたい場合は、ぜひ活用してみてください。

下記記事にBASE (ベイス)でドロップシッピングを始める方法について詳しく書いています。
↓ ↓ ↓
BASE (ベイス)でドロップシッピング・無在庫販売を始める方法BASE (ベイス)でドロップシッピング・無在庫販売を始める方法

Shopify(ショッピファイ)

Shopify(ショッピファイ)

世界へ向けてドロップシッピング

Shopify(ショッピファイ)は、ネットショップ開設プラットフォームです。

世界で100万ショップ以上が運営されている2006年創業のカナダ発のコマースプラットフォームです。

商品仕入れサイトではありませんが、Shopify(ショッピファイ)を契約すると、ドロップシッピングサプライヤーを使用することができ、世界中の商品提供者(サプライヤー)から商品を見つけて、自身のオンラインストアに追加することができるのです。

最小限の費用で、ドロップシッピングビジネス(在庫、梱包、配送管理の手間なし)が始められます。

専門知識がなくても手軽に始めらる

国内に限らず海外へのオンライン販売も、専門知識がない中で手軽に始められます。

海外の商品を取り扱いたい方や、海外へのオンライン販売を始めたい方は、Shopify(ショッピファイ)がおすすめです。

下記記事にShopify(ショッピファイ)について詳しく書いています。
↓ ↓ ↓
Shopify(ショッピファイ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説Shopify(ショッピファイ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

まとめ

このように、当然デメリットも多くある「ドロップシッピング」ですが、仕入れ販売に比べて圧倒的にリスクが少ないという点は確かです。

中には月額費用がかかる商品仕入れサイトもありますが、それほど高額な費用でもありませんし、売れないようであればすぐに契約をやめればいいだけです。

当然在庫リスクがある訳でもありません。

物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

まずはドロップシッピングで資金を貯めて、仕入れ販売を始める方法が始めやすいと思います。

無在庫販売・ドロップシッピング対応サイト・サービス3選比較!ドロップシッピング・無在庫販売の対応サイト・サービス比較6選!