ドロップシッピングの特徴・評判・メリット・デメリットを解説

ドロップシッピングの特徴・評判・メリット・デメリットを解説

「ドロップシッピング」とは、在庫を仕入れることなく、ネットショップで注文が入った時点で、メーカーや卸売り業者、ドロップシッピング専門事業者から直接顧客に商品を発送する運営方法の一形態のことを言います。

資金ゼロ・リスクゼロではじめられる方法です。

利用方法として、ドロップシッピングに対応している商品仕入れサイトを利用したり、ドロップシッピングアプリを利用するなどがあります。

本日は、ドロップシッピングの特徴・評判・メリット・デメリットをわかりやすく解説していきたいと思います。

ドロップシッピングの特徴

まずは、ドロップシッピングの特徴をピックアップしてみました。

・仕入れ資金ゼロ(中には月額費用がかかる商品仕入れサイトもある)
・在庫を抱えるリスクゼロ
・梱包作業が不要
・発送業務が不要
・商品を自由に変えることが可能
・競争相手が多い
・利益率が低い
・取扱う商品の幅が狭い

ドロップシッピングの魅力

仕入れ資金・在庫リスクゼロ

新規でネットショップを始める際の大きな壁が「仕入れにかかる費用の問題」。

物販ビジネスは、先に商品を仕入れる資金が必要なこと、また在庫を抱えるリスクなど、様々なリスクがあります。

物販のリスクが不安で踏み出せない方も多いと思います。

そんな方には、在庫を持たなくてもネットショップを運営できる「ドロップシッピング」から始めてみるという方法があります。

「ドロップシッピング」は、仕入れ資金・在庫リスクゼロではじめられる方法です。

梱包作業や発送業務が不要

梱包作業や発送業務は、人手が足りない場合、一つひとつの業務負担が大きく時間がかかってしまいます。

通常ネットショップ運営に欠かせないのが、ダンボール・梱包資材・ラッピングです。

商品の発送の際には、商品に合わせた適切なサイズのダンボール箱を選ぶこと、ラッピング用品を選ぶことなど、結構大変です。

また発送業務に関しては、少しでも商品の送料を安くするために、配送会社を比較するのは大変な作業となります。

ドロップシッピングを利用すれば、商品はメーカーから直接顧客に発送してくれるため、面倒な梱包作業や発送業務が不要になります。

ドロップシッピングの梱包作業や発送業務が不要な点はとても魅力です。

ドロップシッピングの評判

低コストでネットショップが始められる

私もそうでしたが、物販のリスクが不安で踏み出せない方が多いかと思います。

私も過去ドロップシッピングからスタートさせ、少しずつ仕入れ商品を増やしていきました。

そして今もドロップシッピングと仕入れ商品を織り交ぜながらネット販売をしています。

なによりも、最初に仕入れ資金というリスクを取ることはハードルが高すぎるのです。

まずは、仕入れ資金・在庫リスクゼロでネットショップをスタートさせることができるということで「ドロップシッピング」は人気があります。

ドロップシッピングや無在庫販売で資金を貯めて、仕入れ販売に移行する方法が安心だと思います。

ドロップシッピングのメリット

商品を自由に変えることが可能

仕入れる商品と違ってドロップシッピングの場合は、売れ行きに合わせて商品を自由に変えることが可能です。

ネットショップをスタートさせる時は、何を中心に取り扱えばいいのか悩んでしまいます。

とりあえず、始めは様々な商品を取り扱ってみて、どのジャンルが販売しやすいのか、売れるのかというのが運営していくうちにわかっていきます。

その点「ドロップシッピング」の場合は、仕入れリスクがないので、掲載してみて売れないようであれば、その都度変えることができることはメリットです。

ドロップシッピングのデメリット

競争相手が多い

ドロップシッピングの魅力的な面ばかり紹介してきましたが、当然メリットばかりではありません。

ドロップシッピングが可能な商品は、リスクがない分ライバルが多くなります。

単純に仕入れて出品するだけなら、価格競争に巻き込まれてしまう可能性もあるでしょう。

利益率が低い

在庫をもつ必要がなくなるため、ローリスクで運用できるドロップシッピングですが、当然リスクがない分、利益率が低いのは当たり前のことです。

仕入れ商品に比べてドロップシッピングは、利益を出すことが難しくなります。

アフィリエイトがよく引き合いに出されますが、利益率としては同じような感じではないでしょうか。

しかしドロップシッピングで利益を上げている企業や個人も確かにいますので、運用次第ではしっかりと利益を上げていくことも可能と言えます。

取扱う商品の幅が狭い

ドロップシッピングは、決まった仕入れ先の中から商品を選ぶ必要があるため、取扱う商品の幅が狭く、他店と差別化を図りにくいです。

例えば、今海外で人気があるブランド商品を取り扱いたいと思っても、当然不可能です。

「ドロップシッピング」は、売りたいものが売れるわけではなく、「ドロップシッピング」で取り扱っている商品の中から選ぶしかありません。

過去ドロップシッピングを中心に行っていた私ですが、このようなデメリットが理由で「ドロップシッピング」を続けながら、少しずつ仕入れ商品を中心に販売するようになっていったのです。

まとめ

このように、当然デメリットも多くある「ドロップシッピング」ですが、仕入れ販売に比べて圧倒的にリスクが少ないという点は確かです。

中には月額費用がかかる商品仕入れサイトもありますが、それほど高額な費用でもありませんし、売れないようであればすぐに契約をやめればいいだけです。

当然在庫リスクがある訳でもありません。

物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

まずはドロップシッピングで資金を貯めて、仕入れ販売を始める方法が始めやすいと思います。

無在庫販売・ドロップシッピング対応サイト・サービス3選比較!ドロップシッピング・無在庫販売の対応サイト・サービス比較6選!