NETSEA(ネッシー)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

NETSEA(ネッシー)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

NETSEA(ネッシー)は、日本最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイトです。

バイヤー会員数と出展企業数は国内卸売モールサイト最大級。

小売店が問屋(卸会社)から商品を仕入れることができる会員登録無料のサイトです。

NETSEA(ネッシー)の魅力は、ドロップシッピング対応可能な商品があることです。

NETSEAはドロップシッピング専門仕入れサイトではないのですが、「販売後注文可」商材というドロップシッピング対応が可能な商品が一部あります。

在庫を持たずに自社のWEBサイトなどで販売が可能です。

商品はメーカーから直接顧客に商品を発送するため、仕入れ資金ゼロではじめられます。

本日は、NETSEA(ネッシー)の特徴・評判・メリット・デメリットをわかりやすく解説していきたいと思います。

NETSEA(ネッシー)の特徴

NETSEA(ネッシー)

まずは、NETSEA(ネッシー)の特徴をピックアップしてみました。

・一部ドロップシッピングにも対応
・様々なジャンルの170万点以上の商品
・卸価格で購入可能
・仕入れ会員登録無料・月会費無料
・自社ショップでも販売可能
・国内卸モールサイト最大級の出展企業数
・業務効率化機能が満載
・新規登録で使えるクーポン3回発行

NETSEA(ネッシー)の魅力

ドロップシッピングにも対応

新規でネットショップを始める際の大きな壁が「在庫問題」。

物販ビジネスは、先に商品を仕入れる資金が必要なこと、また在庫を抱えるリスクなど、様々なリスクがあります。

物販のリスクが不安で踏み出せない方も多いと思います。

そんな方にとってうれしいのは、ネッシーにはドロップシッピングに対応している商品があります。

ドロップシッピングに対応する仕入れ先や商品を一つでも多くもっておきたいです。

NETSEAでのドロップシッピングについて
NETSEAではドロップシッピング可能商品を「販売後注文可」商材と呼びます。
「販売後注文可」商材は在庫を持たずに自社のWEBサイトなどで販売が可能です。
販売後注文可商品には「直送可」商品と「直送不可」商品が含まれます。
NETSEAはドロップシッピング専門サイトではないので、商品の販売の仕方は各サプライヤーによって異なります。

会員登録・入会金・月会費すべて無料

商品の卸価格は会員にのみ公開となっています。

バイヤー会員としての仕入れ会員登録は、会員登録・入会金・月会費すべて無料なので、手軽に始めることができます。

サービス 会員登録費用 入会金・月会費 ジャンル 取扱い商品数
NETSEA(ネッシー) 無料 かかりません 総合 170万点以上
バイヤー会員申込み条件
  1. 法人様
  2. 個人事業主の方
  3. 開業準備中の方(ビギナー会員のみ)
注意
NETSEAは企業間取引サイトのため、ビジネス利用を目的としない一般消費者の方の入会はできません。
なお、下記の項目については制限がございません。
・実店舗の有無
・ネットショップの有無

個人事業主や準備中の方であれば、店舗やネットショップがなくてもバイヤー会員として申込みできるので、気軽に申し込めますね。

NETSEA(ネッシー)の評判

商品数が大幅に増やせる

アパレルや雑貨、家具などの60万アイテムが直送対応しているようです。

特に家具など大型商品は、自社で保管する場合、倉庫となる広い場所が必要になります。

しかし梱包から配送まで手配してくれるドロップシッピングを利用すると、場所がなくてもパソコン一台だけで完結でき、在庫をもつ必要がなくなるため、ローリスクで運用できるのがポイントです。

商品数が大幅に増やせることは大きな魅力ですね。

梱包作業や発送業務が不要

人手が足りない場合、一つひとつの業務負担が大きく、時間がかかってしまいます。

ドロップシッピングを利用すれば、商品はメーカーから直接顧客に発送してくれるため、面倒な梱包作業や発送業務が不要です。

通常ネットショップ運営に欠かせないのが、ダンボール・梱包資材・ラッピングです。

商品の発送の際には、商品に合わせた適切なサイズのダンボール箱を選ぶこと、ラッピング用品を選ぶことなど、結構大変です。

また発送業務に関しては、少しでも商品の送料を安くするために、配送会社を比較するのは大変です。

そんなことを気にしなくていいことはとても魅力です。

NETSEA(ネッシー)のメリット

最小ロットから仕入れ可能

メーカーからの仕入れの問題点として、仕入れの際に一定のロット数を求められる可能性が高い点が挙げられます。

しかしネッシーは、1点という最小ロットから仕入れが可能です。

最初は1点から仕入れてみて、売れ行きを見ながらロット数を増やしていくのがいいでしょう。

海外商品の展開を考えているなら

ネッシーでは、「Alibaba.com」「淘宝網(タオバオ)」で販売されている商品が手軽に仕入れられます。

BtoB向きの卸売サービス「Alibaba.com」やCtoC向けモールの「淘宝網(タオバオ)」など、多数のネットショップ事業を手がけているアリババ・グループは、1999年に設立されたアジア最大級のネットショッピングを運営する企業です。

「Alibaba.com」「淘宝網」から直接仕入れることも可能ですが、初心者にとっては言葉の問題があるため、返品対応、納期コントロール、輸入通関など、ハードルが高いと感じる人が多くいます。

ネッシーを介して仕入れると余計な費用もかからず安心です。

海外商品の展開を検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

NETSEA(ネッシー)のデメリット

競争相手が多い

ドロップシッピングの魅力的な面ばかり紹介してきましたが、当然良い面ばかりではありません。

ドロップシッピングが可能な商品にはライバルが多くいます。

単純に仕入れて出品するだけなら、価格競争に巻き込まれてしまう可能性もあるでしょう。

利益を出すことが難しい

NETSEAはドロップシッピング専門サイトではないので、ここではドロップシッピング非対応商品を仕入れた場合のデメリットについても触れておきます。

ドロップシッピング非対応商品を仕入れる場合、利益を出すことが難しくなります。

流通の仕組みは下記になります。

左のメーカーから右へいくほど、利益が上乗せされ仕入原価が高くなっていきます。

物流の流れ
メーカー → 商社 → 卸・問屋 → 小売 → 消費者

「誰でもかんたんに仕入れができる」卸や小売から仕入れて販売するのでは、利益を出すことが難しくなるのです。

利益率が低い

在庫をもつ必要がなくなるため、ローリスクで運用できるドロップシッピングですが、当然リスクがない分、利益率が低いのは当たり前のことです。

しかし運用次第ではしっかりと利益を上げていくこともできます。

まとめ

以上、NETSEA(ネッシー)のメリットだけではなく、デメリットも紹介しました。

NETSEA(ネッシー)の特徴を理解して、うまく活用してみてはいかがでしょうか。

物販ビジネスは、先に商品を仕入れる資金が必要なこと、また在庫を抱えるリスクなど、様々なリスクがあります。

そんな方には、仕入れ資金も必要なく在庫を持たなくてもネットショップを運営できる「ドロップシッピング」から始めてみる方法がおすすめです。

在庫を仕入れることなく、売れればメーカーやドロップシッピング専門事業者から直接顧客に商品を発送してくれます。

物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

まずはドロップシッピングで資金を貯めてから、次に仕入れ販売に進むのが始めやすいと思います。