ドロップシッピングは商品の仕入れリスクが不安な人におすすめ!

ドロップシッピングは商品の仕入れリスクが不安な人におすすめ!

物販のリスクが不安で踏み出せない方も多いと思います。

物販ビジネスは、先に商品を仕入れる資金が必要なこと、また在庫を抱えるリスクなど、様々なリスクがあります。

そんな方には、資金も必要なく在庫を持たなくてもネットショップを運営できる「ドロップシッピング」から始めてみるという方法があります。

在庫を仕入れることなく、売れればメーカーやドロップシッピング専門事業者から直接顧客に商品を発送する方法です。

資金ゼロ・リスクゼロではじめられる方法です。

物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

まずはドロップシッピングで資金を貯めて、仕入れ販売を始める方法が始めやすいと思います。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは?
ドロップシッピングとはネットショップで注文が入った時点で、それをメーカーや卸売り業者から直送させるネットショップの運営方法の一形態です。

ドロップシッピングとは、自分のサイトに商品を掲載して、売れればメーカーや卸売り業者に連絡を入れ、商品を直送してもらう仕組みです。(※商品を一旦受け取り、お客様に発送する場合もある)

お金を払って商品を仕入れるのではなく、売れた時に利益のみが発生する仕組みなので、売れなければ商品をただ掲載しているだけなので仕入れ資金によるリスクがありません。

それでは、ドロップシッピングができる「商品仕入れサイト」や「ネットショップ開設プラットフォーム」をご紹介したいと思います。

TopSeller(トップセラー)

TopSeller(トップセラー)

ネットショップ専門の商品仕入れサイト

トップセラーは、25万点以上の商品から好きな物を選んでネットショップで販売できるサービスです。

商品点数が多いため、お客様が欲しい商品が見つかりやすいです。

運営会社は、ドロップシッピング事業とアフィリエイト事業『もしもアフィリエイト』を行っている株式会社もしもです。

在庫リスクなし

新規でネットショップを始める際の大きな壁が「在庫問題」。
トップセラーは、在庫に関わる心配は一切無用です。

商品はメーカーから直接顧客に商品を発送するため、仕入れ資金ゼロではじめられます。

物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはトップセラーが始めやすいでしょう。

サービス 初期費用 月額費用 ジャンル 取扱い商品数
トップセラー 無料 0円~ 総合 25万点

モールや自社ショップでも販売可能

人気の理由は、MakeShopカラーミーショップなどの独自ネットショップだけでなく、楽天やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールにも出店できること。

すでにネットショップをもっている方は、モールや自社ショップにトップセラーの商品を追加して、商品数を増やすこともできます。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールで出店したい方は、TopSeller(トップセラー)がおすすめです。

料金プランは選べる二つのコース

トップセラーは、月額費用0円から仕入れることができますが、無料で選べるのは商品点数5商品までです。

実質的に商品を仕入れるには、コース契約(月額料金が必要)する必要があります。

料金プランは二つのコースから選べます。

コース 月額費用(税抜き) 商品数
セレクトコース 永年 0円/月~ 掲載商品数に上限のあるストアにおすすめ
全商品コース 1,980円/月~ 2万点以上掲載可能なストアにおすすめ

各コースの料金プラン詳細はトップセラーのページをご覧ください。

コース費用はかかるものの、在庫を抱えずに直送(ドロップシッピング)形式で商品を取り扱うことができます。

商品を自分で仕入れて売れなかった時のリスクを考えると、この費用は高いとは言えないと思います。

梱包の手間も不要

商品はメーカーから直接顧客に発送するため、面倒な梱包作業や発送業務が不要です。

在庫維持費や新たな在庫の保管の必要もありません。

商品ラインナップ

商品ラインナップを見たい方は、まずは無料会員登録へ。

Shopify(ショッピファイ)

Shopify(ショッピファイ)

ネットショップ開設プラットフォーム

世界で100万ショップ以上が毎日運営されている、ネットショップ開設プラットフォームのShopify(ショッピファイ)

Shopify(ショッピファイ)は、2006年創業のカナダ発のコマースプラットフォームで、国内に限らず海外へのオンライン販売も、専門知識がない中で手軽に始められます。

Shopify(ショッピファイ)の魅力は、最小限の費用でドロップシッピングビジネスを始められることです。

ドロップシッピングビジネスが始められる

Shopify(ショッピファイ)では、世界中の商品提供者(サプライヤー)から商品を見つけて、自身のオンラインストアに追加することができるのです。

最小限の費用で、ドロップシッピングビジネス(在庫、梱包、配送管理の手間なし)を始められます。

ドロップシッピングの仕組み

ドロップシッピングの仕組み

在庫や配送の管理が不要になります。
ドロップシッピングでは、商品は卸売業者から直接お客様に送られます。

STEP.1
注文
世界中のお客様があなたのオンラインストアで注文を行います
STEP.2
注文の自動送信
ストアが注文を自動で商品提供者(ドロップシッピングサプライヤー)に送信します
STEP.3
準備
商品提供者(ドロップシッピングサプライヤー)がお客様の注文を準備します
STEP.4
発送
商品提供者(ドロップシッピングサプライヤー)が注文をお客様に直接発送します

注文を受けた後は、商品提供者(サプライヤー)が商品を倉庫からお客様に直接配送しますので、商品を保管、梱包、配送する必要もありません。

商品はどうやって見つけるの?

Shopifyアプリストアで数多くの拡張機能アプリが用意されています。

そのアプリの中一つに、「Oberlo」というドロップシッピングを実現してくれるアプリがあります。

オンラインで販売する商品を簡単に見つけられるマーケットプレイス「Oberlo」から、Shopify上で販売する商品を探すことができます。

Oberloは、世界中の商品提供者(サプライヤー)から商品を見つけて、自身のオンラインストアに追加することができます。

Oberloを使用して様々な種類の商品を探しましょう。

物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

Shopifyで今すぐドロップシッピングを始めましょう。

Shopify(ショッピファイ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説Shopify(ショッピファイ)の特徴・評判・メリット・デメリットを解説

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)

日本最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイト

NETSEA(ネッシー)は、日本最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイトです。

小売店が問屋(卸会社)から商品を仕入れることができる、会員登録無料のサイトです。

NETSEAは、ドロップシッピング専門サイトではないのですが、ドロップシッピング可能商品があります。

ドロップシッピング対応商品あり

ドロップシッピング対応商品は、在庫を持たずに自社のWEBサイトなどで販売が可能です。

1点からのドロップシッピングOKの商品や、消費者へ直送対応可など、商品の販売条件は各仕入先業者によって異なります。

ネット販売、ネットオークション、画像転載可能かも、各仕入先業者によって異なります。

会員登録は無料

NETSEA(ネッシー)は、会員登録が無料です。

メーカー、問屋、卸会社などが取扱商品についての情報や卸売の価格を掲載しています。

商品の卸価格は会員にのみ公開となっています。

まずは、ネッシーに会員登録して、商品の卸価格をリサーチするといいでしょう。

様々なジャンルの商品が揃っている

人気のアパレル系、ファッション雑貨、美容・健康、日用品とジャンル幅が広く揃っています。

ジャンルを絞ってラインナップを増やしていくことが、売れるショップになるコツですが、まだジャンルを決めかねている場合は、このような幅広いジャンルを扱う卸問屋サイトから試しながら販売していくことも一つの手段です。

もしもドロップシッピング

2020年4月末でサービス終了

残念ながら「もしもドロップシッピング」が2020年4月末でサービスが終了しました。

「もしもドロップシッピング」は、先ほど上部で紹介した商品仕入れサイト「トップセラー」と同じ運営会社「株式会社もしも」です。

ちなみに私自身も長年「もしもドロップシッピング」でドロップシッピングサイトを運営していました。

株式会社もしもは、昨今のEC市場の変化により「もしもドロップシッピング」は終了したものの、ネットショップ専門の商品仕入れサイト「TopSeller」として形態を変えて生き残っています。

もしもドロップシッピング2020年4月末でサービス終了「もしもドロップシッピング」は何故サービス終了したのか?

まとめ

物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

まずはドロップシッピングで資金を貯めて、それから仕入れ販売を始める方法が始めやすいと思います。

私はネットショップを始めるにあたり、後にも先にも仕入れ資金は「たった5万円」しか使っていません。

私が5万円を元手にネット販売を軌道に乗せた「リスクのない仕入れ方法」について書いていますので、興味のある方はご覧ください。

物販のリスクが不安な人に読んでほしい!リスクのない仕入れ方法物販のリスクが不安な人に読んでほしい!リスクのない仕入れ方法