Yahoo!ショッピング出店のメリット・デメリット・特徴・評判を解説

【ネットで稼ぐ方法】Yahoo!ショッピングのメリット・デメリット

Yahoo!ショッピングは、月間2829万人の訪問者数をほこるYahoo! JAPANが運営するオンラインショッピングモール。

幅広い品揃えと、最新のお買い得ネット通販情報が満載のオンラインショッピングモールです。

Yahoo!ショッピングに出店する最大の魅力は、圧倒的な集客力のショッピングモールに、初期費用、毎月の固定費、売上ロイヤルティが全て無料で、誰でも、簡単にネットショップを開けることです。

でも…「本当に無料なのだろうか?」「Yahoo!ショッピング側の利益は?」というのが正直な疑問。

本日は、ネットで稼ぐ方法としてYahoo!ショッピング・プロフェッショナル出店歴3年の私が、Yahoo!ショッピング出店のメリット・デメリット・特徴・評判をわかりやすく解説していきたいと思います。

私がYahoo!ショッピングに出店した理由

Yahoo!ショッピング

私は、最初にヤフオク!、次にBUYMA(バイマ)という順番で出品してきました。

そして2016年6月「Yahoo!ショッピング」にプロフェッショナル出店したのです。

出店料が無料!

Yahoo!ショッピングでの出店に、特に魅力を感じたところは、やはり初期費用・毎月の固定費・売上ロイヤルティが無料というところです。

費用を気にせず、無料でネットショップを開けるからです。

これが、Yahoo!ショッピング最大の魅力といっても過言ではありません。

店舗を増やして売上アップ

またもう一つの理由として、インターネット上に複数のネットショップを運営することで、少しでも露出を多くしたいと思ったのです。

複数のネットショップで販売し、全体的な売上アップを図りたいと思ったのです。

リスク分散

ネット販売の世界は価格競争がとても激しく、順調に売れ行きを伸ばしている商品でも、すぐに他店で同じ商品を価格を下げて売り出され、売れなくなってしまうことが多々あります。

そういった事にも負けないように、多店舗展開に踏み出しました。

でも…「本当なのだろうか?」「Yahoo!ショッピング側の利益は?」というのが当時の率直な心配でした。

という訳で、Yahoo!ショッピングプロフェッショナル出店歴3年の私が詳しく紹介していきたいと思います。

『Yahoo!ショッピング』の特徴

Yahoo!ショッピングは、言わずと知れたYahoo! JAPANが運営するオンラインショッピングモール。

日本最大級のポータルサイトYahoo! JAPANトップページや検索結果、各サービスからも売場に送客してくれます。

Yahoo!ショッピングに出店するということは、「日本のインターネットの最もにぎやかな場所にお店を持つ」ことになります。

Yahoo!ショッピングの特徴
・初期費用、毎月の固定費、ロイヤルティが無料。
・圧倒的な集客力
出店料無料
登録の際にかかる「初期費用」、毎月かかる固定費「月額システム利用料」、「売上ロイヤリティ」も無料です。
注意
ただし商品が売れた時に、キャンペーン等の原資、アフィリエイトパートナー報酬原資・手数料、決済サービス個別手数料、一部オプションサービスなどは負担となります。

これなら、私のような小規模個人ネットショップでも利益が取れる!!と思い、出店へのステップを進んでいったのです。

出店方法はプロフェッショナル出店のみ

私が出店した当時は、出店方法が下記2種類から選べました。(2018年12月まで)

  1. 3ステップでスマホからでも手軽にお店を開ける「ライト出店」
  2. 統計情報・分析ツールや豊富な販促広告を活用できる「プロフェッショナル出店」
注意
現在はプロフェッショナル出店のみです。

Yahoo!ショッピングの出店について詳しくはこちらへ

Yahoo!ショッピングで本当に稼げるの?

店舗ごとに違う売れ筋商品

私は現在カラーミーショップとBUYMAとYahoo!ショッピングの3店舗で出品していますが、不思議なことにそれぞれの店舗で売れ筋商品が違うのです。

それぞれの店舗で売れる商品が違うため、それだけでも十分にYahoo!ショッピングで出品する意味があり、稼げるという訳です。

圧倒的なヤフーの集客力

集客がしやすいメリットがあるショッピングモール。

Yahoo!ショッピングは、Amazonや楽天と比較すると集客面で少し劣るようにも感じます。

とはいえ、やはり大手ショッピングモールの一つであるYahoo!ショッピングの集客力はすごいです。

ヤフーの集客力があるため、商品を出品してすぐに売れることがよくあります。

独自ネットショップなどでは、ある程度の時間が必要ですが、さずがショッピングモールの集客力だと思います。

これからネットショップを始めようと思っている方は、まずはショッピングモールに出店すべきです。

しかも固定費が断然安いYahoo!ショッピングから始めましょう。

Yahooショッピングはなぜ無料にできるのか?

それでは、もう一つの疑問のYahoo!ショッピングはなぜ初期費用、毎月の固定費や売上ロイヤルティを無料にできるのか?

同じショッピングモールの代表格の楽天市場に比べて出店料の違いはかなりのものです。

それは、Yahoo!ショッピングと楽天市場はビジネスモデルの違いによるからです。

楽天市場
出店料で稼ぐ楽天市場。
Yahoo!ショッピング
それに対して、Yahoo!ショッピングは売上手数料と出店料は無料で、広告収入で稼ぐことを基本にしているからです。

Yahoo!ショッピング出店のデメリット

ストア構築がややこしい

Yahoo!ショッピング出店のデメリットといえば、独自ネットショップやBUYMAなど、一般的なネットショップに比べて、Yahoo!ショッピング独特の癖があり、ストア構築が少しややこしい点です。

ページデザインがストアデザインという独特な作り方なので、別のモールや独自ネットショップの制作経験があってもほとんど通用しません。

理解するまでに何度かYahoo!ショッピングストアヘルプデスクに問い合わせをしました。

管理画面が使いにくい

またストアクリエイターProという管理画面が直観的ではないため、覚えるまでに時間がかかり、またしばらく使わないと忘れるといった感じでした。

ヘルプデスクからの返信がとても早く、親切な点は本当に助かりました。

こんなリーズナブルな費用で出店させてもらっているので、贅沢は言えません。

ストア構築や管理画面が少しややこしいけど、慣れてしまえば大丈夫だよ。

Yahoo!ショッピング出店のメリット

固定費が圧倒的に安い

初期費用、毎月の固定費、ロイヤルティが無料ですが、ストアポイント原資、キャンペーン原資、フィリエイトパートナー報酬原資など、商品が売れた時にかかる負担が大きいという話も聞きます。

でもYahoo!ショッピングは、そのもろもろかかる費用がかかっても、Amazonや楽天に比べて固定費が圧倒的に安いです。

そのもろもろの費用のことを言う前に、まずは商品が売れなければ利益は全くない訳です。

スタートしたばかりのショップは、当然全く売れない月もあると思います。

毎月毎月、売れなくても固定費がかかってしまうモールに比べて、売れなければ全く費用がかからないYahoo!ショッピングは、マイナスには絶対ならない訳です。

個人ネットショップにもおすすめです。

Yahoo!ショッピング出店の申込み時に必要な情報

Yahoo!ショッピング出店の申込み時には、下記の情報が必要となります。

  1. Yahoo! JAPAN ID
  2. クレジットカード情報
  3. 会社情報
  4. 代表者情報
  5. 銀行口座情報
  6. 開業届け写し(個人事業主のみ)
  7. 住民税の納税証明書写し(個人事業主のみ)
  8. 出店予定商材情報