ネットショップで確定申告が必要な方はクラウド会計ソフトがおすすめ

ネットショップで確定申告が必要な方はクラウド会計ソフトがおすすめ

ネットショップを開業しようと思うけど、確定申告はどのような場合に必要なのでしょうか?

特にネット販売は、商品の発送代、梱包資材、売上の入金、仕入れ費用等、最もお金の出入りの激しく、経理が複雑なビジネスといっても過言ではありません。

自分は確定申告をする必要があるかどうかがわからない方は、開業前に正しく理解して、税金の未払いなどがないように注意することが必要です。

本日は、どのような場合に確定申告が必要になるのか、また私が使っているクラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド確定申告」について、ご紹介したいと思います。

急に確定申告が必要になって慌てないように、いまから準備しておきましょう!

確定申告が必要な方は?

事業所得が下記のように超えた場合、確定申告をする必要があります。
会社に勤めていて副業で事業を運営している場合 個人事業が専業の場合
副業の合計所得が20万円を超える 事業所得が38万円を超える
所得とは?
「収入」から「必要経費」を引いて残った額が、「所得」です。

実は意外と早い段階から確定申告をする必要がでてくるのです。

上記の所得が超えたことがわかって急に慌てることがないように、今から「ソフト選び」の準備をしておいても決して早くはないと思います。

今から準備をしておこう

収入の予想がつかないネット販売

ネットショップを開業したばかりの方や、これから始めようと思っている方は、1年でどのくらい収入がでるのか予想がつかないといった方がほとんどだと思います。

私もネット販売を始めた時は、本当に収入がでるのか半信半疑でした。

私のネットショップの始まりは、フルタイム派遣をしながら片手間でのスタートでした。

ある日突然売れ始める

お小遣い程度の収入が1年くらい続いていましたが、なぜか急に、ある日突然爆発的に売れはじめたのです。

急にBUYMA(バイマ)で爆発的に売れだし月商80万円を達成!

このようなことはネット販売では、よくあることなのです。

そんな時に所得が超えてしまい、急慌てないためにも日ごろから使ってみることがお勧めです。

無料で使える「クラウド会計ソフト」をご存じでしょうか?

勉強がてら、使ってみることをおすすめします。

無料から使えるクラウド会計ソフト

マネーフォワード クラウド確定申告

「マネーフォワード クラウド確定申告」は、株式会社マネーフォワードが提供する確定申告ソフトです。

私も2015年から、ずっと「マネーフォワード クラウド確定申告」を使用しています。

無料で使える「クラウド確定申告」

「マネーフォワード クラウド確定申告」おすすめの理由は、無料から使える点です。

マネーフォワードクラウド確定申告は、仕訳件数が年間50件を超えない場合、フリープランで無料で利用することが可能です。

ネットショップ・ネット販売を始めたばかりの方や、すでに副業で始めているけどお小遣い程度の方など、最初は無料で使える「フリープラン」で十分だと思います。

フリープランでは利用できない機能・条件がありますが、条件が合わなくなった時点で有料プランへ契約変更すればいいと思います。

私が「マネーフォワードクラウド確定申告」を使い始めた理由

会計事務所が勧めたいNo.1

クラウド会計ソフトといっても、数多くの会社が提供しています。

その中でも、私が「マネーフォワードクラウド確定申告」を使い始めた理由は

会計事務所が顧問先に勧めたいクラウド会計ソフトNo.1と言われている点です。

MFクラウド確定申告は、会計の基本である複式簿記形式を採用しているため、従来の会計ソフトをクラウド化したようなイメージで、簿記知識がある方が一番使いやすいソフトと言われています。

複式簿記の入力ができるため、使っていくうちに自然と簿記への理解を深め、知識を身に付けられます。

使うからには、基本に沿った正しい知識で覚えていきたいと思った点が大きかったです。

今まで会計ソフトを使用していた方、簿記の知識がある方、基本に沿った正しい知識で使いたい方には特におすすめのソフトです。

コストパフォーマンスが高い

マネーフォワードクラウド確定申告は、無料で使える点ももちろんのこと、仕訳件数が年間50件を超える場合も、「ベーシックプラン」年額8,800円(税抜)は、一番コストパフォーマンスが高いクラウド会計ソフトだと思います。

最初は無料で使い始めて、確定申告が必要なくらい利益が出た段階で有料プランに変更して使いたいかたには、コストパフォーマンスが高いのでおすすめのソフトです。

マネーフォワード クラウド確定申告のプラン別料金表

それでは、マネーフォワード クラウド確定申告のプラン別料金表を見ていきましょう。

おすすめ別プラン

  • 仕訳件数が年間50件を超えない方 → フリープラン
  • 仕訳件数が年間50件を超える方 → ベーシックプラン
  • 電話サポートが必要な方 → あんしん電話サポート付き ベーシックプラン

プラン別料金表

マネーフォワードクラウド確定申告 フリープラン ベーシックプラン あんしん電話サポート付き ベーシックプラン
月額プラン(税抜) 無料 800円 /月
年額プラン(税抜) 無料 8,800円 /年 17,200円 /年
こんな方におすすめ ・仕訳件数が年間50件を超えない方 ・メール・チャットサポートを使いたい方
・仕訳件数が年間50件を超える方
・確定申告が不安な方
・不明点をすぐに解決したい方
仕訳件数 年間50件まで 無制限 無制限
スマートフォン向けアプリ
アップデート(法令改正対応)
メールサポート
登録から30日のみ
電話サポート × ×
仕訳データのエクスポート ×
無料期間 30日間 30日間

充実のサポート体制

返信が早いメールサポート

私は、マネーフォワードクラウド確定申告の「ベーシックプラン」を利用していますが、電話サポートはないものの、メールサポートがあります。

マネーフォワードクラウド確定申告を使い始めて4年程経ちますが、今でも操作でわからない事や疑問が出てくるため、時々問い合わせをしています。特に確定申告前には問い合わせをすることが多いです。

メールでの問い合わせの返信は、とても早いので助かっています。

電話サポート付きまでは必要ないと思いますが、メールサポートは最低限絶対に必要だと思います。

マネーフォワードクラウド確定申告 フリープラン ベーシックプラン あんしん電話サポート付き ベーシックプラン
メールサポート
登録から30日のみ
電話サポート × ×

便利なチャットサポート

チャットサポートは、受付時間が限定されますが、とても便利です。画面の右下に「オンライン-チャット対応窓口」と表示されている箇所をクリックするとリアルタイムサポートで答えてくれます。画面操作しながら内容を確認できるので便利です。

チャットでのお問い合わせ
チャットによるリアルタイムサポートで答えてくれます。
対応時間:平日10:30〜17:00(土・日・祝を除きます)

サポートサイト

マネーフォワードクラウド確定申告のサポートページがあります。

マネーフォワードクラウド確定申告のよくある質問(FAQ)、使い方、お知らせなど最新情報を掲載しています。不明点、困った時はこちらで確認することができます。

サポート対象外

サポートが充実しているマネーフォワードクラウド確定申告が、下記のような相談内容は、サポート対象外となります。

サポート対象外
仕訳の内容などの経理に関する相談、申告の方法、税務に関する相談はサポート外となります。

このような相談は、税理士や税務署へ相談したり、税理士による無料の個別記帳指導を受けるなど、他のサービスを上手く利用されることが、おすすめです。

まとめ

本日は、どのような場合に確定申告が必要になるのか、また私が使っているクラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド確定申告」についてご紹介させていただきました。

参考にしていただければ幸いです。