デザインツール「Canva」の特徴・評判・メリット・デメリット

ネットショップを作るにも、SNS、動画などの集客ツールを使うのも、広告画像を作るにも、必要となるのが「デザイン作成ツール」です。

文字ばかりものに比べて、イラストや写真などのデザインがあるだけで魅力的なものに変わります。

デザインソフトとして、有名な「Adobe Photoshop」や「Adobe Illustrator」がありますが、この2つのソフトはプロも使用するソフトで、ある程度デザイン力のある人が作りたいイメージに向かって作成するツールです。

初心者の人にとって、操作はもちろんのこと、何をどのように作っていけばいいのか思い浮かばないというようなことをよく聞きます。

Canvaは、魅力的なデザインが誰でも簡単に手早く作ることができるデザイン作成ツールです。

そこで本日は、誰でも簡単に手早く作ることができる「Canva Pro」について紹介したいと思います。

ネットショップに必須のデザイン作成ツール

デザインはショップの売上に影響する

ネットショップにおいて、デザインはショップの売上を決める上で重要な要素の1つです。

文字ばかりものに比べて、イラストや写真などのデザインがあるだけで魅力的なものに変わります。

売れるネットショップはデザインが違うのです。

ネットショップ運営にデザイン作成ツールは必須

最近のネットショップには、テンプレートが豊富にあるものの、商品画像のサイズ変更、ロゴを作成、集客のための媒体を使うにも、デザイン作成ツールが必要になってきます。

ネットショップにおける集客方法としては、ブログ、Instagram、Twitter、Facebook、Pinterest、YouTube、有料広告など、様々なところで、デザインが必要になります。

写真に文字を重ねたり、サイズ変更したり、背景を消して抜き出したり、何をつくるのにも必要となるのが「デザイン作成ツール」なのです。

でも「デザイン作成ツール」って操作が難しいんじゃないの?

そんな方におすすめなのが、デザインツール「Canva」です。

デザインツール「Canva」の評判

誰でも簡単に魅力的なデザインが作れる

冒頭でも書きましたが、デザインソフトとして、有名な「Adobe Photoshop」や「Adobe Illustrator」がありますが、この2つのソフトはプロも使用するソフトで、ある程度デザイン力のある人が作りたいイメージに向かって作成するツールです。

初心者の人にとって立派なソフトを持っていても、操作はもちろんのこと、何をどのように作っていけばいいのかも思い浮かばないというようなことをよく聞きます。

Canvaを使えば、プロのデザイナーが作った数多くのテンプレートから、デザインを選んでデザインをすることができるので、バライエティあるデザインを手早く作ることができます。

Canvaは、魅力的なデザインが誰でも簡単に手早く作ることができるデザイン作成ツールなのです。

デザインツール「Canva」の魅力

直感的で使いやすい

Canvaの魅力は、直感的に操作でき、誰でも使いやすいインターフェースであることです。

複雑な操作方法を覚えたり、勉強したり、調べたりすることが苦手な方も多いと思います。

そんな方には、ドラッグ&ドロップで操作する直感的なユーザーインターフェイスが特徴のCanvaがおすすめです!

Canva

デザインツール「Canva」の特徴

Canva でできることの一例

おしゃれな写真を使ってタイトルや日付、文章などを簡単に入れることができます。

  • ブログアイキャッチ画像、画像、バナー
  • Instagramの投稿、ストーリー、ストーリーハイライトカバー、広告
  • Twitterの投稿、ヘッダー画像
  • Facebookの投稿、カバー、広告
  • Pinterestピン
  • TikTok用動画
  • YouTubeサムネイル
  • LinkedInバナー

デザインツール「Canva」のメリット

無料でも基本的な機能が使える

「Canva」のメリットは、無料版もあり無料でも基本的な機能が使えることです。

デザイン作成ツールとして、どれを使おうかと迷っている方は、無料で試してみることができます。

Canvaのプラン

Canvaのプランは、「無料版」と「有料Pro版」の2種類があります。
プラン 費用 利用人数 素材
Canva Pro
無料版
無料 1人 20万枚限定の無料写真素材
Canva Pro
Pro版
月払1,500円
年払12,000円
5人まで 7,500万枚の写真、イラスト、動画素材

デザインツール「Canva」のデメリット

有料Pro版しか使えない機能がある

デザインツール「Canva」のデメリットとしては、有料Pro版しか使えない機能があることです。

下記で詳しく説明していきますが、ワンクリックで、画像の背景を消したり、たくさんの写真,イラスト,動画素材を利用したい場合は、有料になります。

Canva 無料版と有料Pro版の違い

Canva Pro無料版 Canva Pro有料Pro版
あらゆるものをデザイン あらゆるものをデザイン
20万枚限定の無料写真素材

7500万枚の写真,イラスト,動画素材

独自フォントをアップロード
ワンクリックで背景透過
どんなフォーマットにもリサイズ
ブランドキットで統一したデザイン
素材・デザインを管理するフォルダ
過去のデータに戻す
SNSへの予約投稿

次に、有料Pro版でのみ使用可能な機能を具体的に説明していきたいと思います。

有料「Canva Pro」でのみ使用可能な機能

ワンクリックで背景を削除するリムーバ

ワンクリックで、画像の背景を消すことができる機能が、有料のPro版のみで使用できます。



背景を削除するのは、ネットショップの商品画像でよく使います。

例えば自宅で撮影した下の商品写真ですが、どうしても背景のグレーの色が写ってしまいます。

商品画像ビフォー

もっともっと賑やかな背景が写ってしまうこともあります。

そんな時に背景を消すことで、商品のみをクローズアップすることができ、メイン商品の横にカラーバリエーションを小さく表示したり、キャッチコピーやブランドロゴを掲載したり、様々なことが可能になります。

商品画像アフター

下記のように帽子の背景を消すことで、写真の上に帽子の画像をのせることができるのです。

カラーバリエーション

商品画像をPhotoshopで作る

デザインを簡単にサイズ変更

ショッピングモール出店などの推奨商品画像サイズがあったり、SNSでもそれぞれの推奨画像サイズがあります。

撮影した商品画像をそのままアップするのではなく、推奨画像サイズに変更する必要があるのです。

Canva Proのマジックリサイズでは、ワンクリックで、1つのデザインをすべてのプラットフォームに最適なサイズに変換できます。

このマジックリサイズも、有料のPro版のみで使用できる機能です。

7500万枚の写真,イラスト,動画素材

ネットショップを運営するには、ショップのヘッダー、バナー、商品写真、SNS、動画などで、写真、イラストなどの素材が必要になります。

有料Pro版では、7500万枚の写真,イラスト,動画素材が使用できるのです。



外部サイトに行ってダウンロードしたり、再度アップロードすることなく、Canvaで、ネットショップやショップロゴ、集客用SNS、動画などで、思い通りの素材を使ったヘッダー画像、バナー、サムネイルが作成できます。

まとめ

ネットショップを作るにも、SNS、動画などの集客ツールを使うのも、広告画像を作るにも、必要となるのが「デザイン作成ツール」です。

Canvaは、魅力的なデザインが誰でも簡単に手早く作ることができるデザイン作成ツールです。

初心者の方や、複雑な操作方法を覚えたり、勉強したり、調べたりすることが苦手な方、ツールの操作はもちろんのこと、何をどのように作っていけばいいのか思い浮かばないという方は、Canvaがおすすめです!

ドラッグ&ドロップで操作する直感的なユーザーインターフェイスが特徴のCanvaがおすすめです!