モール型と独自ネットショップのどちらで出店すべきか?

モール型と独自ネットショップのどちらで出店すべきか?

ネットショップを始める方にとって、まず最初にどこで出品・出店するのかに悩むのではないでしょうか?

モール型で代表的な楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングで出店するべきか、独自のネットショップで代表的なカラーミーショップ、BASE、Stores.jpなどショッピングカートで出店するのか、様々な選択肢からネットショップを始めることができます。

本日は、モール型と独自ネットショップのどちらで出店すべきか?について、私の意見を書きたいと思います。

ネットで商品を販売する形態は主に3つ

  1. ショッピングモールへの出店
  2. ショッピングカートをレンタルして独自ネットショップで出店する
  3. オークションに出品する

大きく分けて、この3つの方法があります。

中でもネットショップを運営する場合には、大きく分けて「モール型」と「独自ネットショップ」の2つの方法があります。

モールと独自ネットショップの両方に出店するべき

結論から言うと、私は最終的には「ショッピングモール」と「独自ネットショップ」の両方に出店するべきだと思っています。

その理由はどちらにも出店するメリットがあるからです。

私は現在BUYMA(バイマ)、Yahoo!ショッピング、独自ネットショップに出店しています。

一つの店舗で出店している場合は一つのショップからしか収益がありませんが、多店舗展開している場合、それぞれから注文があり、それぞれから収入があります。

ですので、順番はともかく最終的にはショッピングモールと独自ネットショップの両方に出店するべきだと思っています。

それでは、独自ネットショップのメリットを見ていきましょう。

独自ネットショップのメリット

出店料や販売手数料がかからない

独自ネットショップのメリットは、出店料や販売手数料(モール内で付与されるポイントの原資などを含む) がかからないこと。

独自ネットショップは月々カートレンタル費用がかかりますが、売れる個数に比例してモールの販売手数料は増えるのに対し、独自ネットショップのカートレンタル費用は毎月一定です。

売上が増えれば、増えるほど独自ネットショップのほうが有利になります。

価格競争になりにくい

モールは、モール内の上位にランクインしなければ売れない仕組みになってます。

価格が安くなければ売れないも同然です。

また、モールでは自分のほうが安い価格で後から出品しても、既に人気になっている商品がある場合、上位に上がらない(売れない)ことがよくあります。

一方、独自ネットショップの場合、明らかに価格が高くても検索順位で上位に上がることがあります。

ここで分かる事は、独自ネットショップは比較的価格競争になりにくいということです。

自由に思い通りの見せ方が可能

価格をどんどん下げていくばかりではいつか終わりがきます。

独自ネットショップは価格競争になりにくいだけではなく、種類の多さで勝負することも可能です。

自由に思い通りの見せ方が可能なため、価格だけではなく別の視点で見てもらうチャンスがあるのです。

デメリット

もちろん独自ネットショップのデメリットもあります。

集客がとても難しいのです。ブログやSNS等で商品の紹介や読み物、コラムなどをコツコツと配信し続ける覚悟が必要です。

独自ネットショップは時間をかけて育ててほしいです。
長い目で見る必要があるため、月額利用料金が利益よりも高くならないところで出店すべきだと思います。

是非モールと平行して独自ネットショップを育てていってほしいと思います。

独自ネットショップのショッピングカートの比較はこちらで記事を書いていますので、是非参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓
2019年|ショッピングカート徹底比較12選!おすすめと比較ポイントショッピングカート徹底比較12選!おすすめと比較ポイント2019年版